【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

久保俊治(ヒグマ猟師)のプロフィールと経歴を調査!

出典:https://www.google.co.jp




みなさんこんにちわ!

今回も特別な人を紹介させてもらいます。

 

プロフェッショナル 仕事の流儀

独り、山の王者に挑む~猟師・久保俊治~

2017年4月17日(月)  22時25分~23時15分

北海道・知床の猟師・久保俊治(69)。

卓越した技術と哲学で尊敬を集める伝説的な存在だ。

最強ヒグマが相手でも1対1にこだわる理由とは?命がけの現場に密着

<スポンサーリンク>


久保俊治さんのプロフィールです♪

出典元:http://www.google.co.jp

久保俊治 くぼとしはる

1947年 69歳

北海道小樽市出身、標津町在住

小樽商科大学卒業

猟師・牧場経営者

 

卓越した技術と哲学で尊敬を集める伝説的な存在だ。秋はシカ、冬はヒグマ。

久保さんは、集団での狩りではなく、単独での猟にこだわる。

気配を読み、獲物より早く居場所を察知し、仕留める。

無駄な弾を撃つことを嫌い、一撃で仕留めるのが信条の久保さんは、

確実に仕留められる距離まで近づくという。

まさに命がけの闘いだ。


<スポンサーリンク>


最強のヒグマ相手でも1対1にこだわる理由とは?

狩猟に興味を持ったのは
父親の趣味の狩猟についていっていたこと

大学卒業後、就職せずに
猟師として生きていくことを決意

ヒグマを求めて北海道・知床半島に移住

アメリカの狩猟ガイド養成学校の
「アウト フィッターズ・アンド・ガイズ・スクール」
日本人として初参加

アメリカでガイドの仕事をし
帰国後、北海道標津町で牧場を経営しつつ
ヒグマ猟師を続けている

 

それは、クマと1対1で向き合うということ。

このやり方は40年以上にわたって行っており、
「対等な関係でありたい」
という思いが理由なんだとか。

 

 

通常のヒグマの猟は、
7~8人程度で行うものだそうです。

それを考えると、1人で行動するのが
いかに勇気ののいることかということが分かります。

最後に

いかがでしたでしょうか?

世の中には、凄腕の達人がゴロ~ゴロいるもんですね。

もっと有名になっててもおかしくないかな?

と個人的に思います。

それでは、また!!

<スポンサーリンク>


-TV・ドキュメンタリー