エンターテイメント

土屋圭市(つちやけいいち)の年齢や身長などのプロフィール!結婚した嫁は誰で名言と現在は何をしている?

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>


今回ご紹介するのは、「土屋圭一」さんです!

車好きやレース好きな人にとっては、レジェンド的な存在になります。

生涯現役をうたっている土屋圭一さんですが、どこからこのパワーが沸いてくるのでしょう。

こちらの記事では、そんな土屋圭一さんに関する情報をお届けします!

ポイント

・土屋圭一さんのプロフィール
・土屋圭一さんの嫁さんは誰?
・土屋圭一さんの名言や現在何をしているのか?

についてさっそく見ていきましょう!

<スポンサーリンク>


土屋圭一の年齢や身長などのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuchiya(@keiichi_tsuchiya_)がシェアした投稿

名前:土屋圭一
年齢:66歳
身長:167㎝
体重:58㎏
出身:長野県小県郡東部町

2022年現在66歳でありながら、ドリフトキング=ドリキン土屋圭一さんが立ち上げたのが、D1(ドリフト1)グランプリとドリフトマッスル(現在ドリフトキングダム)です。
土屋圭一さんは、元々峠の走り屋からプロのレーシングドライバーになった異色の経歴をもっています。

1977年に、憧れのレーシングドライバー高橋国光さんのチームに入ることができ、プロレーシングドライバーとしての最初に1歩となるのです。
F3(フォミューラー)に参戦した経験もあるのですが、今まで経験したのは全て普通自動車タイプの車両だったために、好成績を得ることが出来来ませんでした。
レーシングドライバーの中いうでもひと回り小さく、チームのレーシングスーツを着るとき以外は愛用の緑のレーシングスーツを着ていることから、「緑の小さいおじさん」という愛称でよばれているのです。
車に乗るとプロドライバーに顔つきが変わりますが、いつもは陽気なおじさん的な存在になっています。

マンガ頭文字Dのドリフトの監修にも携わっており、更にはアニメ頭文字Dでの声優にも参加しているのです。
峠の走り屋からのレーシングドライバーになった土屋圭一さんに憧れを持つ方も多く、マンガ頭文字Dの舞台になった榛名湖のイベントに土屋圭一さん目当てで参加する人が大勢います。
それだけ、ストリートを愛するドライバーたちの憧れの的である事には変わりはありません。

また2009年には、DRIFT KING TELEVISIONという名のYouTubeチャンネルを開設しており、車の紹介や性能などを紹介しています。

https://www.youtube.com/c/DRIFTKINGTELEVISION/about

66歳とは思えないほど、常に全力で取り組む土屋圭一さんです。
自分は歳だからと諦めずに、ドリキン土屋圭一さんのパワーをもらって、全力で頑張ってみてもいいのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>


土屋圭一が結婚した嫁さんは誰?

2022年現在66歳の土屋圭一さんですが、お嫁さんが誰なのか?という疑問があります。
わかっている限りでは、
年齢:38歳
結婚歴:14年
普通自動車免許:あり
車への興味:なし
が土屋圭一さんのお嫁さんのプロフィールになります。

名前に関しては、結婚歴14年という事は結婚した年齢が24歳になりますから、もしかすると、土屋圭一さんが所属していた、レースクイーンの可能性が非常に高いです。
仮にお嫁さんが、レースクイーンだった場合には、名前バレしたくないという事でしょうから、名前の公表はしていないという可能性があります。
土屋圭一さんが結婚した年は2008年という事になりますから、2000年に現役を引退しており、2008年時は、スーパーGTのGT300クラスのARTAのチーム監督をしているのです。
この監督していた当時のARTAのレースクイーンで当時24歳の女性が、土屋圭一さんのお嫁さんの可能性が非常に高いのではまおでしょうか?
チーム監督をしていると、どうしても女性と知り合うきっかけも少なくなるでしょうから、トーク力を生かして口説き落としたといったところではないでしょうか。

もし土屋圭一さんのお嫁さんが元レースクイーンだった場合、今でも相当な可愛さ&キレイな女性だと推測されます。
土屋圭一さんのお嫁さんというと、レースクイーン以外思い浮かばないのですが、2008年当時はD1グランプリの立ち上げを行ってもいますから、当時の女性スタッフの可能性もかんがえられます。
ただ、車に興味がない場合、D1グランプリのスタッフになろうとは、考えないでしょうから、この考えはない!とも思えます。

<スポンサーリンク>


土屋圭一の名言と今(現在)は何をしている?

土屋圭一さんと言えば、数々の名言を残しているドライバーでもあるのです。
その言葉は、さすがレジェンド的に、ストリートの若者たちの語り草になっています。

・ドリフトなんて遅い!グリップこそ速い!って言ってるやついるけど、グリップってのはドリフトが一人前になったやつがやることだと思うんだよね。ボクの考えるドリフトってのは、速いドリフトなんだよ!

・1週間に峠を10日走る!

・「レーサーになりたいけど、どうしたらいいんですか?」なんて、聞いてくるようじゃ~レーサーになんてなれない!

・前の奴と同じ走行ラインを走っていたら、前の奴は抜けない!

・峠はパワーじゃないんだなぁ~、トータルバランスなんだよ!

・本物のプロは、勝負できる人間である!

・谷口大嫌い!来ないで!

などなど、土屋圭一さんの名言はこれだけでは、本当はすみません。

数ある名言の中で、抜粋して紹介してみました。

たまに面白さを出している名言もあれば、心にハッとさせる名言もあるのが、土屋圭一さんらしさを象徴している気がしませんか?

では、現在土屋圭一さんは、何をしているのでしょうか?
土屋圭一さんは、現在はドリフトマッスル(現在ドリフトキングダム)の主催者やARTAのエグゼクティブ・アドバイザーが主な仕事になっています。
この他には、講習会や講演会などにも数多く呼ばれていたり、イベントのゲストをして参加していたりしているのです。
また、2004年に立ち上げたK1PLANNINGでの仕事もこなしています。
ワイルドスピードTOKYO DRIFTなどにも出演していることから、依頼があれば俳優業もこなしているのです。

<スポンサーリンク>


さいごに

今回は、レーシングドライバーの「土屋圭一」さんに関する情報をまとめました。

プロドライバーデビューは1977年
2022年現在66歳
峠の走り屋からプロレーシングドライバーになった異色の経歴の持ち主
土屋圭一さんのカラーが緑というところから、緑の小さなおじさんと呼ばれている
お嫁さんは、現在38歳で結婚14年目
お嫁さんは、元レースクイーンの可能性が高い
土屋圭一さんの名言は数が多く、かなり心に響くものがかなりある
現在は、ARTAのエグゼクティブ・アドバイザーやドリフトマッスル(現在ドリフトキングダム)の主催者をメインにいろいろな、仕事を手掛けている

66歳というとしながらも、いつでも全力で取り組む姿に感動すら覚えます。
緑の小さいおじさんと呼ばれるくらい、周りからも愛されていることがわかるはずです。
こんなに周りから愛されている方もすくないでしょう。
今後の土屋圭一さんの活躍に注目してみてください!
何か、自分にも活力を与えてくれるかもしれませんよ。

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 1,714,252 アクセス

-エンターテイメント

© 2022 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5