youtuber

織戸学の年収や嫁が気になる!559の意味やショップの場所はどこ?

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>


今回ご紹介するのは、「織戸学」さんです!

次期ドリキンの名を手にするのは、織戸学さんと言われています。

織戸学さんのキレッキレのドリフトを見るとさすが~と思うしかできないです。

こちらの記事では、そんな織戸学さんに関する情報をお届けします!

ポイント

・織戸学の年齢や身長などプロフィール

・織戸学の年収や嫁さんについて

・織戸学の559の意味やショップの場所はどこ?

についてさっそく見ていきましょう!

<スポンサーリンク>


織戸学の年齢や身長などプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

織戸 学(@maxorido)がシェアした投稿

名前:織戸学(おりどまなぶ)
年齢:53歳
身長:177㎝
体重:68㎏
出身:千葉県

が織戸学さんのプロフィールになっています。

意外と背が高いのが驚きではないでしょうか?

確かに背の高いレーシングドライバーはたくさんいますから、

遜色ない背の高さと、ごつい顔つきでレースを席捲しているのです。

織戸学さんの経歴はと言うと峠をビシバシ走っていると思われがちですが、

意外にも自動車大学校を卒業して、CAR BOYのドリフト大会で優勝をして坂東商会に入社しています。

坂東商会に入社なんて実力が伴わないと、入社なんてできないですからね~^^

1991年より富士フレッシュマンレースのNA1600クラスでレーシングドライバーとしてデビューします。

92年には富士フレッシュマンレースで優勝を果たすのです。

96年からGT300クラスにクラス替えを行い、97年にはGT300で総合優勝を飾るなどをしています。

その後はGT500やル・マン24時間にも参戦するなど、余すことなく力を発揮してくれているドライバーです。

<スポンサーリンク>


織戸学の年収はいくら?

織戸学さんについて何となくわかってもらえたでしょうか?

そして気になるのが、織戸学さんの年収やお嫁さんってどんな人ってことになるはずです。

織戸学さんの年収に関して紹介しましょう。

レーシングドライバーの主な収入源

1 レース賞金額
2 チーム契約料
3 個人スポンサー
4 テストドライバー
5 タレント・個人ブランド・インプレッション・特別講師

この5種類が主な収入源になるのです。

レースの賞金額は一応非公表になっているのですが、

推測する限りでは賞金額の10%がドライバーに渡される可能性が高そうです。

そうなると、Super GTで優勝しても優勝賞金300万ですが、

ドライバーに渡る金額は30万前後と考えられます。

8戦全勝しても240万円にしかならないのです。

 

レーシングドライバーの契約料金は?

以前谷口選手がトークイベントで、チーム契約料が200万円/年間という事ですから、

TOPドライバーで200万円ですから、新人は半額いただければいい方ではないでしょうか。

個人スポンサーとなると、レーシングスーツにワッペンなどが張られているのを見ると思います。

これがスポンサーになるのです。

ワッペンの大きさにもよるのでしょうが、1枚100万円~とみてもいいでしょう。

ワッペンや車に張るシールなども個人スポンサーになっていたりしますから、

スポンサー料は50~500万円と幅広いのが特徴的と言っていいでしょう。

谷口選手が32のスポンサーが付いていたと話していますから、

織戸学さんもそれぐらいのスポンサーが付いていると考えてもいいでしょう。

 

あとテストドライバー?と思いますが、こちらはタイヤのテストドライバーになります。

来年仕様のタイヤになると思うのですが、ストーブシーズンなどに行われたり、

真夏に行われたりと、ドライバーとの予定を合わせて行う事になります。

テストドライバーの契約料は非公開ですが、推測する限りでは、100~200万円/年といったところではないでしょうか。

タレント・個人ブランド・インプレッション・特別講師などもありますが、こちらも契約料は非公開になっています。

織戸学さんは個人ブランドを立ち上げていますから、そちらの利益が収益につながることは間違いないでしょう。

有限会社エム・オリドプロジェクト , MAX ORIDO 合同会社が正式名で資本金額が300万円です。

最低でも300万円以上の売り上げがないことには、会社的に厳しいでしょう。

増資していないことを考えれば、店舗自体の売上は1000万円以上はあるでしょう。

個人経営の場合には、最低でも売り上げが100万円が最低金額ですが、

最低の売上と考えた場合、

マックス織戸レーシングガレージの年収は最低3600万円以上と考えられます。

織戸学さんに最低でも年間360万円は給料としてもらっていると思われます。

織戸学さんの収入

1 レース賞金額:240万円(推定)
2 チーム契約料:200万円(推定)
3 個人スポンサー:30社と100万円で契約したと推定した場合3000万円
4 テストドライバー:200万円(推定)
5 タレント・個人ブランド・インプレッション・特別講師:500万円(推定)

織戸学さんの推定年収は4100万円という事になります。

個人スポンサーの域が非常に大きいことがわかります。

<スポンサーリンク>


織戸学の嫁はだれ?

次に織戸学さんの奥さんはどんな方なのでしょう。

 

インスタに織戸学さんと奥様の画像が乗っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

織戸 学(@maxorido)がシェアした投稿


かなりの美人!美魔女的な奥様ではないでしょうか。

織戸学さんの奥さんの顔がわかったのですが、名前や年齢は不明でした。

レーシングドライバーの多くはレースクイーンの方と結婚する率が高そうですから、織戸学さんの奥さんも元レースクイーンの方の可能性は高いのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>


織戸学の559の意味やショップの場所はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

織戸 学(@maxorido)がシェアした投稿


織戸学で検索すると559という数字が出てきます。

559の意味って何?と思う方もいるのではないでしょうか。

これは、織戸学さんが所有している愛車AE86トレノ・80スープラ・86・新型スープラの4台のナンバープレートの数字が全て559なのです。

なぜ?

と思ってしまいますが、59=5月9日でこれは織戸学さんの誕生日になります。

残りの5は?と考えてしまいますが、

55=5月5日が愛娘の誕生日という事になっているのですが、

織戸学さんには、愛娘が2人います。

もしかするとレースをしている織戸茉彩さんの誕生日では?と思われます。

本来なら5559の方が良いのでしょうが、あえて559にしているのは、織戸学さんのセンスなのではないでしょうか。

織戸学さんは、レーサーだけでなく企業のオーナーという側面があります。

それがマックス織戸レーシングガレージです。

住所はこちらになります。

〒224-0025
神奈川県横浜市都筑区早渕1-24-16
電話045-595-9728
場所の地図はここです。

https://bit.ly/3zaN4iU

第三京浜をご利用の方:都筑インター出て左折 ➡ 1つ目の角を左折 ➡ 2つ目の角を右折
第三京浜港北IC. 方面からお越しの方:「港北工業団地北側」の交差点を右折
でマックス織戸レーシングガレージが出てきます。

 

さいごに

今回は、レーシングドライバーの「織戸学」さんに関する情報をまとめました。

プロドライバーデビューは1991年
2022年現在53歳
CAR BOYのドリフト大会で優勝をして坂東商会に入社
92年には富士フレッシュマンレースで優勝
96年からGT300クラスにクラス替えを行い、97年にはGT300で総合優勝
お嫁さんは、元レースクイーンの可能性が高い
織戸学さんの推定年収は4100万円
559の意味は織戸学さんの誕生日と愛娘の織戸茉彩さんの誕生日の数字を合わせたもの
マックス織戸レーシングガレージは神奈川県横浜市都筑区早渕1-24-16にあります。

53歳でレーシングドライバーでありながらショップのオーナーでもある織戸学さんです。
確かに資金がなければ、ショップオーナーなんて2足の草鞋を履くことはできません。
それだけ、織戸学さんのショップの商品の出来も相当いいのでしょうね。
自分の愛車のパーツがあれば早速行ってみてもいいのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

 

ブログ統計情報

  • 1,843,694 アクセス

-youtuber

© 2022 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5