エンターテイメント

すぎやまこういちのドラクエの曲がスゴイ!ドラクエ以外の曲と名言がヤバイを完全網羅!

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>


 

今回ご紹介するのは、「すぎやまこういち」さんです。

すぎやまこういちさんは、作曲家になります。耳にすれば誰もが一度は
聴いたことがあるでしょう。

なお、すぎやまこういちさんは2021年9月30日にお亡くなりになられました。
現在でも、多くの人の頭の中で生き続けるすぎやまこういちさんの音楽……。

読売テレビで毎年行わられる、24時間テレビの放送中になんとすぎやまこういちさんの

ドラマが放送されるという事で、ドラクエ世代には胸熱な展開間違いなしです。

こちらの記事では、そんなすぎやまこういちさんに関する情報をお届けします。

ポイント

・すぎやまこういちとは一体何者?

・すぎやまこういちのドラクエの曲以外もスゴイ!

・すぎやまこういちの名言がヤバイ!

についてさっそく見ていきましょう!

<スポンサーリンク>


すぎやまこういちとは一体何者?

すぎやまこういちさんは、あのドラゴンクエストシリーズのおおよそすべての楽曲制作されていました。

制作に関わり始めたのは、ドラゴンクエストが発売されたのが1986年。

つまり、すぎやまこういちさんが55歳の時に始めたということになります。

えっ!?

50歳を超えてからゲーム音楽を作った!?

マジで!

て、なって当たり前ですし、ちょっと才能がヤバイなんてもんじゃありませんね。

 

すぎやまこういちのドラクエの曲がスゴイ

すぎやまこういちさんは、東京大学へ進学をされたあと、さらには様々な楽曲制作だけではなく、

日本作編曲家協会常任理事や日本音楽著作権協会評議員なども務めておられました。

小さなことから音楽に関わることを絶やさず、ゲームにも関心があったといいます。

幼少期の環境が、その後の人生に大きくかかわっていたのですね。

 

ドラゴンクエストの曲はなんと5分で完成。

 

『55年と5分でできたんです』

 

これは、ドラクエの序曲を5分で作ったことを、

自身の人生の経験から成った5分であると、

ピカソの名言を引き合いにして発言されたと思われます。

 

プロフィールはこちら!

名前:すぎやまこういち
本名:椙山浩一
年齢:90歳(2021年9月没)
生年月日:1931年4月11日
出身地:東京都台東区
血液型:O型
学歴:東京大学教育学部教育心理学科
職業:作曲家・編曲家・指揮者

すぎやまこういちさんは1931年に生まれました。

この年は、柳条湖事件や犬養毅内閣が成立した年でした。

1931年生まれの有名人には

ジャニー喜多川さん
千原しのぶさん
小松左京さん
高倉健さん

といった方々がいらっしゃいました。

誰もが知る大スターばかりですね……。

ジャニー喜多川ですよw

ほんと凄い世代に生まれてらっしゃいますよね。


 すぎやまこういちのドラクエの曲以外もスゴイ!

ドラゴンクエストの曲で一躍名を広げたすぎやまこういちさんですが、
それ以外にも多くの曲を制作、提供されていました。

例えば、

亜麻色の髪の乙女(ヴィレッジ・シンガーズ)
https://www.youtube.com/watch?v=7aGmPZtu5bc

 

 

乙女の祈り(ザ・ピーナッツ)
https://www.youtube.com/watch?v=vxRrWIYoPRQ

 

 

恋するフーガ(ザ・ピーナッツ)
https://www.youtube.com/watch?v=3QleHpURhb8

 

 

帰ってきたウルトラマン
https://www.youtube.com/watch?v=fB2FwfsAAR4

など……。

どうですか?

知っている曲はありましたでしょうか・・・・。

すべてすぎやまこういちさんが制作された曲なのです。

曲を思い出して、懐かしい気持ちになった方も多いのではないでしょうか♪

<スポンサーリンク>


すぎやまこういちの名言がヤバイ!

数々の偉業を成し遂げてきたすぎやまこういちさん。

それでもって、紆余曲折を繰り返し多くの経験と、

挫折を繰り返してきたすぎやまこういちさんだからこそ、

出てくる言葉があります。

 

今回はそんなすぎやまこういちさんの名言をご紹介いたします。

『例えばバッハやベートーヴェンの曲には、その時代に人気があったダンスのリズムが入っているように、現在であればロックやディスコでのダンスのリズムが入ってくるのは自然なこと。それを拒否するのは時代感覚がないというか、極端に言えば、現代に生きていることを自分から否定するようなものですね。』

その時代時代に流行るものは違いますよね。

それなのに、流行を否定することは、自分を孤立させることでもありますが、

時代への反骨精神であるとも考えられます。

個性を保つことも大切ですが、それは時代を肯定しての行為(作曲)なのではないのでしょうか。

『ベートーヴェン、モーツアルトなどのクラシック音楽を全人類が200年以上聴いていてもまだ飽きないというのは、飽きない音楽の真髄』

まさに、すぎやまこういちさんが作った音楽はこの言葉に値することでしょう。

ゲーム中の音楽は繰り返し聴きますから、ご自身がそのことを誰よりも理解されていたのですね。


さいごに

今回は、作曲家の『すぎやまこういち』さんをご紹介いたしました。

ドラゴンクエストの楽曲を制作するなどの数々の曲を残した作曲家である。
1931年生まれの90歳(2021年9月没)。
出身大学は東京大学、出身地は東京都台東区。
ドラクエ以外にも様々な楽曲を制作・提供してきた

これからも、すぎやまこういちさんの音楽は多くの人々の頭に残り続けます。

すぎやまこういちさんが亡くなっても、すぎやまこういちさんの書いた曲は
生き続けるのですね。

皆様もぜひお聴きになって、新たな曲の命を頭に生かしてくださいね。

<スポンサーリンク>

 

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 2,451,563 アクセス

-エンターテイメント

© 2022 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5