スポーツ

尾関彩美悠の年収や経歴がエグイ!出身高校や学歴などを紹介!

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

今回ご紹介するのは、尾関彩美悠選手です。

えっ?

誰?

と思われても仕方ありません。

 

最近の女子ゴルフ業界は、毎回ニューヒロインが誕生する為、

少し目を離すとすぐに誰が誰かわからなくなりますw

先日、強烈な印象を放った川崎春花選手に続く、

新たな選手が尾関彩美悠選手なんです。

 

そんな尾関彩美悠選手の以下の点について調べてみました。

ポイント

尾関彩美悠の年収がエグイ

尾関彩美悠の経歴がヤバイ!

尾関彩美悠の出身高校や学歴!

それではさっそくいってみましょう!

尾関彩美悠の年収がエグイ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾関 彩美悠(@z.amiyu616)がシェアした投稿

2022年 女子ゴルフ賞金ランキング27位(9月20日時点) 31,160,000円!!

まだ19歳で3000万超え メンタルの強さには、頭がさがります。

ランキングでは最年少19歳で、川﨑 春花プロにつづいて2番目にランクイン!

しかし ゴルフ業界も稼げるゴルファーはほんの一握り。

年間ツアーでかかるお金は600万ほどの費用が掛かるため、

結果をださなければ すぐ赤字になってしまう厳しい世界です。

そんな世界で19歳の女のコが 奮闘していると、自然と応援したくなりますよね。

是非 これからも賞金女王めざして頑張る姿を応援していきたいですね。

<スポンサーリンク>

尾関彩美悠の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

尾関 彩美悠(@z.amiyu616)がシェアした投稿

名前:尾関 彩美悠 (19歳)

年齢:19歳

生年月日:2003年6月16日

出身:岡山県倉敷市

あざやかに、美しく、悠々と生きてほしいという願いから命名。

6歳から父親の影響で、ゴルフを初める。

2014 岡山県ジュニアゴルフ選手権 優勝

2015スタジオアリスジュニアカップ 優勝

全日本小学生ゴルフトーナメント 優勝

岡山県ジュニアゴルフ選手権 優勝

数々の大会で優秀な成績納め、確実に実績を積み上げていきます。

そして中国ジュニアゴルフ選手権 女子12~14歳の部に関しては 3年連続優勝!!

2021年日本女子プロゴルフ協会のプロテストトップ合格!!

 

家族構成は、父 母 姉の4人。

家族全員がゴルフをやるいわゆるゴルフ一家。

姉もアマチュアでは かなりの腕前らしく あの渋野日向子も同期でゴルフを通じ仲良くなったそうです。

父 母にはキャディもやってもらいながら、プロ生活を支えてもらい 精神面でも大きなバックアップ
をしてもらっていることでしょう。

小学校高学年から頭角あらわし、いわゆる頭一つ飛びぬけた存在感を示している尾関彩美悠選手。

普段はホテルにパターを忘れたり、スタートホールのインとアウトを間違えたりするような子らしい
です。

とてもそんなような子には思えませんよね。

ただ、これだけ短期間で結果を出すあたりは、やはりただ者ではないですね。

<スポンサーリンク>

尾関彩美悠の出身高校や学歴などを紹介!

尾関彩美悠選手の出身高校は岡山県作陽高等学校。

実は、岡山県作陽高等学校は、サッカーの名門校でもあります。

 

ちなみに、尾関彩美悠選手の小学校は岡山県倉敷市立連島神亀(つらじましんき)小学校です

フィギュアスケート男子の田中刑事選手の母校でもあります

尾関彩美悠選手の出身中学校は倉敷市立連島中学校。

なんとココもフィギュアスケート男子の高橋大輔選手の母校なんです!

スポーツ選手に恵まれた地域なんですね。

 

他にも数々の著名人がいます。

オダギリジョー

NARUTOの作者 岸本斉史

サッカーだけではなく色々なジャンルの著名人がいらっしゃいます。

この高校は スポーツだけではなく 、文武両道で 一芸に秀でた人を育て 、

社会貢献を行うという学校の方針なので 、様々のジャンルの卒業生たちが 活躍されてるそうです。

 

近年の女子ゴルフ界は、なんと岡山出身のゴルファーが急増。

渋野日向子プロもこの、岡山県作陽高等学校出身です。

 

まとめ

尾関彩美悠プロは ゴルフ一家で育ち、家族一丸となって サポートを受け

強靭なメンタルと可愛らしい 笑顔の19歳!

普段はあどけない笑顔で 普通の女のコですが、 一度決戦の地にでたら やはり勝負師!!

このギャップが カリスマの素質ありですね!

プレーでも 気持ちの切り替えが ものすごく上手で、自分を客観視しコントロールしています。

だから パッティングの上手さに比例するわけです。

なによりすごいのは どんなときでも攻めのゴルフができる!

悪い環境でもこうやったらイケルという挑戦心があります。

ほんと強心臓!

 

普通だつたら 悪環境だと 守りのゴルフになってしまいがちだが 、
いやいや 行けるでしょって思ってやってのけてしまう。

しかしそんな尾関プロでも、順風満帆に進んでいたわけではないのです。

プロテスト同期の川崎春花が“一番乗り”の優勝!

 

先を越された尾関プロは人目をはばからず悔し涙を流すことに。

その日の夜、キャディを務めた栗永遼氏に送ったメッセージには、こう綴られていた。

「#次は私」。そして苦しみながら戦い続け なんと初優勝を果たしました。

栗永氏は、「#次は私」

このメッセージを読み返し尾関プロよりも先に涙したそうです。

それを見た尾関プロは、にっこり微笑んだそうです。

選手とキャディの絆が伝わる良いエピソードだと思いませんか?

尾関彩美悠選手もまだまだ 19歳。

どんなゴルファーになってゆくのか将来が楽しみです。

まだまだ先は長いですが、賞金女王争いに名を連ねるほどの選手に

なる日もそう遠くないように思えます。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 2,943,202 アクセス

-スポーツ
-

© 2022 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5