本ページはプロモーションが含まれています

エンターテイメント

格付けチェック2024の5000円(安い方)のワインの銘柄は?通販先と過去の5000円ワインも紹介

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

年始の特別番組といえば「芸能人格付けチェック」ですね!

2024年の格付けチェックですが、まさかの地震が起きてしまった為番組自体の放送日すらままならない状況となっています。

※2024年1月7日午後6時より放送決定

この記事では放送がされ次第2024年のワインを紹介していきたいと思います。

番組の中でも恒例のワイン部門では、数々の芸能人が安い方のワインに惑わされています。
芸能人を間違えさせるほどのワインなら、一度飲んでみたいですね!

格付けチェック2023の5000円(安い方)のワインの銘柄は何で、通販先はどこなのか紹介していきます。
また、過去の格付けチェックに出てきた5000円のワインの銘柄もまとめていきます!

こちらの記事では以下の事が分かります。

ポイント

・格付けチェック2024の5000円のワインの銘柄は何?

・格付けチェック2024の5000円のワインの通販先を紹介

・格付けチェック2023の5000円のワインの銘柄は何?

・格付けチェック2023の5000円のワインの通販先を紹介

・過去の格付けチェックに出てきた5000円のワインの銘柄を紹介

それでは、さっそくいってみましょう!

<スポンサーリンク>

・格付けチェック2024の5000円のワインの銘柄は何?

芸能人格付けチェックで使用されるワインの銘柄は秘密にされており、番組専属のソムリエだけがその情報を知っているという噂があります。

基本的には「古びた見た目のワインを選ぶ」ことが鉄則です。

例えば、2024年の芸能人格付けチェックで100万円のワインは、ボルドー右岸のポムロール産「ル・パン」が登場しました。

残念ながら、右岸のワインは高価なものが多いため、似た地域のワインを見つけるのは難しいです。

ル・パンはメルロー種を主体としたカベルネフラン種のブレンドなので、ボルドー左岸の古いメルロー種を探すのが良いでしょう。

手頃な価格で古いヴィンテージが流通している銘柄としては、「シャトーシマール」があります。

これはフランス・ボルドー地域のサンテミリオン地区のワインで、コストパフォーマンスが高いとされています。

また、ル・パンと同様にメルローとカベルネフランのブレンドです。

もし格付けチェックの100万円出題ワインがフランス・ボルドー地域産であることが明らかになった場合、シャトーシマールは候補の一つとして考えられるでしょう。

<スポンサーリンク>

・格付けチェック2024の5000円のワインの通販先を紹介

高価なワインを評価する際には、まず「年代物」という前提で考えることが重要です。

年月を経たワインは、その色合いが茶褐色やレンガ色へと変わっていきます。

過去の例として、GACKTさんの代理で出演したYOSHIKIさんも、「ワインの色で品質を判断することができる」と述べていました。

実際には色での判別は難しい場合もありますが、視聴する側とすればそれ位しか判断できません。

今回正解したGACKTさん、後ほど言われてましたが『まったく香りが違う』と言われるほどイージーだったようですね。

恐らく5,000円のワインは以下の紹介する分だと推察されます。



 

<スポンサーリンク>

格付けチェック2023の5000円のワインの銘柄は何?

格付けチェック2023の5000円のワインの銘柄は、番組から公表されていません。

格付けチェックは人気番組なので、視聴者が購入できそうな価格のワインの銘柄を公表してしまうと、ワインが即売り切れになってしまいます。

ワインは生産量が限られているため、人気が集まるのを避けるようにしているんですね!

芸能人が5000円のワインを飲んだ様子から、2023年の5000円のワインの銘柄を予想していきます。

・テーブルワイン
・赤ワインである
・値段が5000円
・フランス・ボルドー産
・2012年もの

この特徴に当てはまり、5000円程度の価格のワインとして、以下が挙げられます!

 

・シャトー・デギュイユ

デキャンタ誌にて「マスター・オブ・ワインが選ぶお買得ボルドー」として高い評価を受ける赤ワインで、ふくよか且つ繊細なメルローの魅力を十分に堪能できます。
試飲時にワインソムリエが、その味わいの良さに驚いたとの逸話も残されています。
5000円という価格ですが、価格以上の価値を感じられるワインです。


・シャトー・ラトゥール

ピション・コンテス・レゼルヴは、メドック格付け2級を誇るシャトーシャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドのセカンドです。
その高い品質から、格付1級に匹敵するスーパーセカンドと称されています。
2012年物は、80,000円以上する高価なワインですが、同じ銘柄の違う年度のものは、5000円程度で購入することができます!



格付けチェック2023の5000円のワインの通販先を紹介

格付けチェック2023の5000円のワインは、「シャトー・デギュイユ」「シャトー・ラトゥール」と予想されますが、こちらのワインは楽天通販で購入することができます!

・シャトー・デギュイユ

 

・シャトー・ラトゥール

どちらも格付けチェックで特徴として紹介された2012年物は取り扱いがありませんでしたが、他の年代の同銘柄は購入することができます!
楽天市場で取り扱っているので、おうちから気軽に購入できるのは嬉しいですね。


過去の格付けチェックに出てきた5000円のワインの銘柄を紹介

格付けチェックで過去に出てきた5000円(安い方)のワインの銘柄を紹介していきます!
どれも芸能人を迷わせた高品質でおいしいワインなので、気になるものがあれば購入するときの参考にしてみてくださいね。

〈格付けチェック2022お正月〉

分かっている情報は「フランス・ボルドー産」という点で、当時飲み比べしたYOSHIKIさんも頭を悩ませていました。

ネット上で予想されていたワインは、以下の銘柄です!
・シャトー・マルテ・レゼルヴ・ド・ファミーユ
・シャトー・ランシュ・ムーサ
・シャトー・グラン・ピュイ・デュカス

〈格付けチェック2021お正月〉

2021年のお正月スペシャルで出されたワインの特徴は、「フランス・ボルドー産」「値段が5000円くらい」「赤ワイン」「1990年物」でした。

この特徴に当てはまる5000円以下のワインは見つかりませんでした。
価格を考慮せずに特徴に当てはまるものを探すと、以下の銘柄が近いと予想されます。

・シャトー・ベレール・ラグラーヴ

・シャトー・ポントワーズ・カバリュス


 

〈格付けチェック2020お正月〉

2020年お正月スペシャルで登場したワインは、YOSHIKIさんが絶賛したものとして、ネットでも噂になっていました。
特徴は、「テーブルワイン」「フランス・ボルドー産」「値段が5000円くらい」です。

ネット上で予想されていたワインは、以下の銘柄です!

・シャトー・ブピーユ

・シャトー・ぺデスクロー

・シャトー・クロワゼ・バージュ

 

・シャトー・フェラン・ラルティング

・シャトー・オルム・ペズ

 

・シャトー・マルキ・ド・テルム

・ロスピタレ・ド・ガザン

上記で挙げたワインは、どれも高品質でコスパが良いワインなので、一度試してみたいですね!
楽天市場などのネット通販で購入できるものも多いので、家で気軽にお試しできるのも嬉しいですね。

<スポンサーリンク>

幻の日本酒 零響


最後にワイン好きな方なら、もしかしたら聞いた事のある日本酒…その名も『零響』

圧倒的な品質管理の元に、国内でも扱う本数もごくわずか…。

2023年2月2日から掲載しましたが、もしかするともう売り切れているかもしれません。

商品概要は、以下の通り。

零響は常にNo.1を狙う情熱が生み出した至高の日本酒です

5297時間(221日)という果てしない時間をかけ、世界で唯一精米歩合0%台を実現した究極の日本酒

■商品の特徴■
・精米歩合0%台を実現
・国内333本限定という希少性
・マイナス5°Cで徹底した品質管理
・国内外の品評会で多くの賞を受賞した実績
・日本一値段が高い日本酒(mlあたりの定価)

気になる方は、まずはHPへ♪

 

 

まとめ

ここまで、格付けチェック2023の5000円(安い方)のワインの銘柄について紹介してきました。
それでは、情報をまとめていきます。

芸能人が5000円のワインを飲んだ様子や、ワインについて話していた内容から、格付けチェック2023の5000円のワインの銘柄は以下になると予想されます。
・シャトー・デギュイユ
・シャトー・ラトゥール

格付けチェック2023の5000円のワインは、「シャトー・デギュイユ」「シャトー・ラトゥール」と予想されますが、こちらのワインは楽天通販で購入することができます!
格付けチェックで特徴として紹介された2012年物は取り扱いがありませんでしたが、他の年代の同銘柄は購入することができます!

過去に格付けチェックで登場した5000円(安い方)のワインの銘柄は正式に公表されていませんが、以下の銘柄になっていたと予想されます。
〈格付けチェック2022お正月〉
・シャトー・マルテ・レゼルヴ・ド・ファミーユ
・シャトー・ランシュ・ムーサ
・シャトー・グラン・ピュイ・デュカス

〈格付けチェック2021お正月〉
・シャトー・ベレール・ラグラーヴ
・シャトー・ポントワーズ・カバリュス

〈格付けチェック2020お正月〉
・シャトー・ブピーユ
・シャトー・ぺデスクロー
・シャトー・クロワゼ・バージュ
・シャトー・フェラン・ラルティング
・シャトー・オルム・ペズ
・シャトー・マルキ・ド・テルム
・ロスピタレ・ド・ガザン

どのワインも高品質で、芸能人を迷わせたほどの良いワインなので、一度試してみたいですね!
楽天市場などの大手通販サイトでも取扱いがあるので、興味のある方は是非購入する際の参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 5,273,558 アクセス

-エンターテイメント
-

© 2024 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5