youtuber

八須拳太郎(胸毛ニキ)は何者?年齢に身長や体重と本名等のwiki風プロフに出身高校や大学に格闘技歴など完全網羅!

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

今回ご紹介するのは、プロレスラー兼パーソナルトレーナーの八須拳太郎さんです。

八須拳太郎さんと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、筋肉隆々な肉体にびっしり生える胸毛ではないでしょうか!

そのインパクトに違わず実力も本物で、BreakingDown6では怒涛のラッシュを見せて圧倒し、見事勝利を収めています

 

youtubeで試合の動画を確認する

 

プロレスラーではありますがその打撃は本格的で、見るからに威力があることが伝わってきますね!

こうして一躍BreakingDownで名前を上げた八須拳太郎さんですが、実はBreakingDown6.5への出場も決めていたのです!

 

https://twitter.com/wrestler1106/status/1597471656246935555?s=20&t=adEM_T6n4PEOQ2emsCXCNA

対戦相手はミスター・ブレイキングダウンとして名前を上げている、BreakingDown屈指の強豪である川島悠太さん。

実は八須拳太郎さんは、未公開となってしまったオーディションにおいて、川島悠太さんとの対戦を熱望していたのです!

 

着々とBreakingDown街道を突き進む八須拳太郎さんですが、その勢いと注目度を指し示すかのように、BreakingDownのプロデューサーを務める朝倉未来さんとも対談を

行っています。

 

BreakingDown6出場者の中でも指折りの勢いを持つ「胸毛ニキ」こと、八須拳太郎さんは一体何者なのでしょうか?

2022年12月4日(日)に開催が迫るBreakingDown6.5直前の今日、その正体について探って行きたいと思います!

こちらの記事では、以下の事について書かれています。

ポイント

・八須拳太郎(胸毛ニキ)は何者?

・八須拳太郎(胸毛ニキ)の年齢に身長や体重と本名などのwiki風プロフ!

・八須拳太郎(胸毛ニキ)の出身高校や大学はどこ?

・八須拳太郎(胸毛ニキ)の格闘技歴は?

について早速見ていきましょう!

<スポンサーリンク>

八須拳太郎(胸毛ニキ)は何者?

まず、八須拳太郎が一体何者なのかを追っていきます。

八須拳太郎さんはパーソナルトレーナーを務める傍らでプロレスラーとしてリングに立つフィジカルエリートです!

八須拳太郎さんは「P.P.P.TOKYO」というプロレス団体に所属し、直近ではBreakingDown6後の2022年11月に開催された『SOD×P.P.P. TOKYO Spicy Blue Moon~蒼天の彼方へ~』に出場し、勝利を収めています。

また、八須拳太郎さんの活躍はプロレスに留まらず、パワーリフティングの分野でも優秀な成績を収めており、2020年に開催された第49回全日本男子パワーリフティング選手権大会における全国二位が最高成績となります。

まさに「筋肉エリートまっしぐら」とも言えそうな歩みに見える八須拳太郎さんですが、実はここまで来るのに紆余曲折があった人でもありました。

高校卒業後、かねてからの憧れだったプロレスラーになるべく、某プロレス団体に練習生として入団します。

ところが様々な理由が重なった結果、プロデビューをすることがないまま某プロレス団体から去ることに。

その後しばらくは大工の材料等を運ぶ運転手として普通に働いていた八須拳太郎さんでしたが、プロレスラーになりたいという思いは消えることはありませんでした。

運転手として働くかたわらでトレーニングを継続していたある日、ふとした思いつきでパーソナルトレーナーを目指すことを決意。

まず、日本パーソナルトレーナーズアカデミーで夜間講座を受講し、パーソナルトレーナーの資格を取得。

その後2016年からSAWAKI GYMの代表取締役である澤木一貴さんからパーソナルトレーニングを受け続け、その実力が認められるとともに2017年11月にSAWAKI GYMに入団しました。

 

ちなみに八須拳太郎さんは、この頃に自身のYouTubeチャンネルを開設しており、2017年10月に自己紹介動画をアップしています。

 

この頃はパワーレスラーを名乗っており、パワーリフティングのデビュー戦となった、2017年7月16日開催のさいたま市パワーリフティング選手権大会74キロ級に出場して優勝したばかりの頃の動画となります。

その後はパワーリフティングで実績を積み重ねていきますが、プロレスラーとしてリングに立つ道を模索していきます。

そして2011年3月23日、地道な努力が実を結び、プロレス団体の「P.P.P.TOKYO」からプロレスラーとしてデビューを飾ることになります!

 

対戦相手は全日本プロレスで第8代アジアヘビー級王座にも輝いたことがある崔領二さん。

ですが、その時の試合の様子がYouTubeにもアップされています。

youtubeで動画を見る

 

デビュー戦を勝利で飾ることはできませんでしたが、かつて世界の頂点にも立ったことがある崔領二さんから激励もされており、期待を一身に背負っていることが伺えます。

その後プロレスラーとしての実績を積み重ねていく中、2022年11月3日にBreakingDown6に出場して勝利を収め、いよいよ「プロレスラー・八須拳太郎」として名前が認知され始め、今に至っています。

高校卒業直後に挫折を味わい、遠回りをしながらも自身の夢を叶え、そしてBreakingDownを経ていよいよ本格的なスターダム街道へと突き進もうとしている八須拳太郎さん。

いよいよ開催が間近に迫るBreakingDown6.5では、どのような闘いを見せてくれるのでしょうか!?

<スポンサーリンク>

 八須拳太郎(胸毛ニキ)の年齢に身長や体重と本名などのwiki風プロフ!

名前:八須拳太郎

本名:八須拳太郎

生年月日:1990年11月6日

年齢:32歳

身長:165cm

体重:75kg

となっています。

まず、八須拳太郎さんの本名は「八須拳太郎」で確定で問題ないでしょう。

例えば、男子日本パワーリフティング選手権では「八須拳太郎」名義で出場しているのが確認されています。

こういう大会にリングネーム等の別名義で出場することは考えづらく、そう考えるとやはり「八須拳太郎」が本名と見ても問題なさそうですね!

続いて生年月日についてなのですが、こちらは1990年11月6日生まれの32歳でした!(2022年12月現在)

ちなみに、BreakingDown6でのオーディションによると、八須拳太郎さんの彼女いない歴は15年とのこと

八須拳太郎さんが高校一年生だった頃にできた彼女が最後だそうですが、今のBreakingDown6出場で波に乗った八須拳太郎さんなら、魅力的な彼女ができるのではないでしょうか!

そして八須拳太郎さんの身長は165cm、体重は75kgであることが分かりました。

 

ちなみに体重が上下するのは当然なのですが、身長の方も165cmと166cmで揺れがあるらしいとのこと。

八須拳太郎さん自身の申告では165cmであるために、今回のこの記事に関しても165cmとして記載をさせていただきます。

<スポンサーリンク>

八須拳太郎(胸毛ニキ)の出身高校や大学はどこ?

 

続いて、八須拳太郎さんの出身高校や大学はどこになるのでしょうか?

まず、出身高校は正智深谷高等学校であることが分かりました。

 

八須拳太郎さんはその当時ラグビー部に所属していたのですが、正智深谷高等学校はいわゆる「花園」で準優勝、また春の「センバツ」では優勝経験もあるなど、ラグビーの強豪として有名です。

ちなみに、一緒に写っているアライモアナさんはラグビー選手なのですが、八須拳太郎さんと一緒にラグビー部に所属していた当時、高校日本代表候補にも選ばれたことがあるそうです。

元々八須拳太郎さんはサッカーをやっていたそうで、特技としてサッカーを挙げるくらいには真面目に取り組んでいました。

しかし高校に入って筋肉トレーニングにハマったこともあり、途中でラグビー部に移籍することになりました。

八須拳太郎さんはその当時のことを物語る写真をInstagramにアップしていました。

 

確かにこの体格でサッカーは難しそうで、むしろパッと見「柔道部ですか?」と言われそうな感じですよね!

そして大学についてなのですが、こちらについては情報は出てきませんでした。

高校を卒業してすぐに某プロレス団体に入り、脱退後は運転手として働いていたことから、大学には進学しなかった可能性が非常に高いと見られます。

<スポンサーリンク>

八須拳太郎(胸毛ニキ)の格闘技歴は?

 

 

そして気になる八須拳太郎さんの格闘技歴はどの程度のものなのでしょうか?

BreakingDownの公式情報によると、プロレス歴は1年8ヶ月で、キックボクシング歴は1年とのことでした。

 

https://twitter.com/wrestler1106/status/1597471656246935555?s=20&t=5smALVhEiB7EWSdptqY-LA

 

まずプロレスの歴に関してですが、八須拳太郎さんのプロレスラーとしてのデビュー戦が2011年3月23日であることから妥当な数字と言えるでしょう。

注目はキックボクシング歴1年の方で、これが本当なら確かにBreakingDown6本戦で見せた本格的な打撃ラッシュも納得と言えますね!

これについても、八須拳太郎さんの所属団体である「P.P.P.TOKYO」におけるキックボクシングのイベントに出場をしていました。

 

結果としては時間切れによる引き分けとなりましたが、お互いに一歩も譲らない熱い戦いとなっていますね!

BreakingDownで公式発表されていない八須拳太郎さんの格闘技としてはブラジリアン柔術なども挙げられるでしょう。

 

帯色こそまだまだ初歩のステップの青帯ではありますが、積極的に大会に出場されているなど、貪欲に様々な格闘技の技術を身につけようとする姿勢が見て取れます。

高校卒業から長い年月を経て念願のプロレスラーになれたこともあり、今もなおプロレスラーとして真剣に食べていく道を模索している八須拳太郎さん。

BreakingDown6で大いなる活躍を見せた八須拳太郎さんですが、2022年12月4日に迫るBreakingDown6.5でも大いなる活躍が期待できそうです!

<スポンサーリンク>

さいごに

サッカー少年とラガーマンから始まり、プロレスラーを目指して苦難の道を歩み続け、今もなお努力を続ける「フィジカルエリート」こと八須拳太郎さんについてまとめました。

・八須拳太郎さんは「P.P.P.TOKYO」という団体に所属しているプロレスラー。

・プロレスラーになる前から現在もパーソナルトレーナーとしても活動中。

・パワーリフティングの活動も行っており、最高成績は全日本男子パワーリフティング選手権大会二位。

・高校卒業後に一度プロレス団体に練習生として所属していたがプロレスラーデビューは出来なかった。

・その後は大工の材料等を運ぶ運転手として働いていたが、パーソナルトレーナに転身。

・2017年11月にその実力が認められて元々指導を受けいてた澤木一貴さんが代表取締役を務めるSAWAKI GYMに入団。

・それと同じ頃に自身のYouTubeチャンネルを開設しており、当時はパワーレスラーと名乗っていた。

・2011年3月23日にプロレス団体の「P.P.P.TOKYO」からプロレスラーとしてデビューを飾り、崔領二さんと対戦。

・八須拳太郎さんの本名は「八須拳太郎」で確定。

・八須拳太郎さんの生年月日は1990年11月6日。彼女いない歴は15年。

・八須拳太郎さんの年齢は32歳で、彼女いない歴は15年(2022年12月現在)

・八須拳太郎さんの身長は165cmで体重は75kgだが、身長は時折166cmとで揺れがあるとのこと。

・八須拳太郎さんの出身高校は正智深谷高等学校で、ラグビー部に所属していた。

・元々はサッカー少年だったが、高校に入ってから筋トレにハマってしまったこともあり、途中でラグビー部に移籍。

・大学についてはまず間違いなく進学はしていない。

・八須拳太郎さんの格闘技歴は、BreakingDownの発表によればプロレス歴は1年8ヶ月でキックボクシング歴は1年。

・また、他にもブラジリアン柔術も取得中で、大会に出るなど積極的な活動をしている。

などが挙げられます。 いよいよ試合が2022年12月4日(日)に迫るBreakingDown6.5。

八須拳太郎さんは将来有望で非常に素晴らしい素質と能力を秘めた選手ではあるのですが、対戦相手は「ミスターブレイキングダウン」こと川島悠太さん。

実際、世評としても既に有名で有力な選手である川島悠太さんが優勢という見方が大勢となっています。

https://twitter.com/wrestler1106/status/1598619129128583168?s=20&t=5smALVhEiB7EWSdptqY-LA

しかし、「フィジカルエリート」として苦難の道を今もなお歩み続けている八須拳太郎さんにとってすれば、この程度の逆境など逆境のうちに入らないでしょう!

BreakingDownは、経歴や格闘技を問わず、すべての「夢を見る人達」にとって可能性が拓かれたリングです。

たった一分間の試合時間で己の全てをぶつけ、己の欲しい何かを掴み取れる可能性がそこにはあるのです。

BreakingDown6で圧倒的な勝利を収めた八須拳太郎さんは、現にこうして、「ミスターブレイキングダウン」と一騎打ちをするチャンスを掴み取ることができました。 一度はプロレスラーとしての道を絶たれ、彼女も長年出来なかった、そんな筆舌に尽くしがたい苦難の道を乗り越えて、今BreakingDownのリングに再び立とうとしています!

果たして八須拳太郎さんは、再びその手に栄光を掴むことができるのでしょうか!? BreakingDown6.5は、いよいよ2022年12月4日(日)に開催されます!

八須拳太郎さん、その対戦相手である川島悠太さん、そしてすべてのBreakingDown6.5出場者の健闘を末筆にて祈らせていただきます!

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 3,487,768 アクセス

-youtuber
-

© 2023 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5