本ページはプロモーションが含まれています

エンターテイメント

安藤萌々アナの年齢や身長や体重に血液型などのwiki風プロフ!出身高校と大学に同期のアナは誰?

今回ご紹介するのは、安藤萌々さんです!

2020年度テレ朝に入社した、新人アナウンサーになります。

テレ朝的には、絶対的エースがいないだけに安藤萌々アナにかなり期待を寄せていることがわかるのです。

入社3年目で看板番組の報道ステーションに抜擢するなど確実にエースの道を歩ませる方向性は見えています。

今回は安藤萌々んについて徹底調査します。

 

ポイント

安藤萌々アナの年齢や身長に体重に血液型等のwiki風プロフィール

安藤萌々アナの出身高校や大学などの学歴

安藤萌々アナの同期のアナは誰?

についてさっそく見ていきましょう!

<スポンサーリンク>

安藤萌々アナの年齢や身長に体重に血液型等のwiki風プロフィール

テレ朝の次期エースと評判の安藤萌々さんです。

そんな安藤萌々さんの年齢は何歳で身長・体重はどのくらいあるのでしょう。

では、安藤萌々さんのプロフィールを紹介していきましょう。

プロフィール

名前:安藤萌々(あんどうもも)

生年月日:1988年(生年月日は非公開)

年齢:25歳(2023年9月現在)

身長:157㎝

体重:非公開

血液型:非公開

となっています。

 

安藤萌々さんは生年月日まで非公開にしています。

なぜなのか非常に不思議に感じますが、そこから情報がバレることを警戒しているのでしょうか?

体重はやはり非公開という事ですが、インスタの画像から判断してみましょう。

50㎏は確実にありませんから、45㎏前後の体重であることは間違いないでしょうね。

さらに不思議なのが血液型が非公開なのです。

かなり特殊な血液型なのでしょうか?

見た限りではA型又はO型のどちらかになるかとおもいますが、血液型を非公開にしていることはRHマイナスなのかもしれないですね。

<スポンサーリンク>

安藤萌々アナの出身高校や大学などの学歴

 

安藤萌々さんのプロフィールを紹介してきました。

謎が色々と出てきましたが、出身高校や大学はどうなのでしょうか?

出身高校:成蹊高等学校

出身大学:成蹊大学法学部政治経済学科

を卒業しています。

やはりといっては何ですが、アナウンサーになるには、政治経済を学ばなければならないのでしょう。

安藤萌々さんは、高校から成蹊に入学したわけではなく、小学生の時から成蹊一筋なのです。

つまり、お受験をして成蹊小学校に入学してからエスカレーター式で大学まで一直線というまさに、お嬢様ストーリー全開になります。

高校時代は水泳部のマネージャーを努め、大学ではゴルフ部のキャプテンまで勤め上げているのです。

みんなを引っ張る力が安藤萌々さんにはあるのではないでしょうか。

 

 

安藤萌々アナの同期のアナは誰?

 

安藤萌々さんの同期のアナはいったい誰がいるのでしょう。

次期エースの安藤萌々さんだけに同期もかなり安藤萌々さんにライバル心があってもおかしくはありません。

安藤萌々の同期

佐藤ちひろアナ

佐々木一真アナ

渡辺瑠海アナ

の3人になります。

同期に女性2人男性1人というわけですから、女性アナは、次期エースと名高い安藤萌々さんについてどう思っているのでしょう。

まして、2023年4月から安藤萌々さんが、報道ステーションのメインキャスターを務めることになる人事となり、それまでメインキャスターを務めていた渡辺瑠海さんを引きずり下ろしたカッコになっています。

渡辺瑠海さんは大下容子アナの秘蔵っ子として報道ステーションに抜擢されたのですが、テレ朝自体は安藤萌々さんを次期エースとして抜擢しているのです。

会社VSお局という構図も見えてくることになります。

安藤萌々さんはそのことを理解していて、足の引っ張り合いをどううまくかわしていくのでしょうか!?

 

<スポンサーリンク>

さいごに

テレ朝女子アナの「安藤萌々」さんに関する情報をまとめました。

安藤萌々さんのプロフィールを紹介

生年月日は月日は非公開

45㎏前後の体重であることは間違いない

見た限りではA型又はO型のどちらかになるかとおもいます

出身高校:成蹊高等学校

出身大学:成蹊大学法学部政治経済学科

安藤萌々さんは、高校から成蹊に入学したわけではなく、小学生の時から成蹊一筋

安藤萌々の同期は、佐藤ちひろアナ、佐々木一真アナ、渡辺瑠海アナの3人

渡辺瑠海さんは大下容子アナの秘蔵っ子として報道ステーションに抜擢されたのですが、テレ朝自体は安藤萌々さんを次期エースとして抜擢

などがあげられます。

安藤萌々さんは、見た目も可愛く頭脳明晰とくればテレ朝としては次期エースとして育てたいという思いに駆られるでしょう。

他の次期エースと言われていた方々は、足の引っ張り合いや自己怠慢でエースの座を捨ててしまっています。

今回の安藤萌々さんもかなりエースになるにはイバラの道を歩くことになると思いますが、どこまで踏ん張り切れるかが勝負どころではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 5,237,860 アクセス

-エンターテイメント

© 2024 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5