ニュース

古賀稔彦の死因はがん?病気で痩せていたという噂は本当か調べてみました。

 

 

平成の三四郎こと、古賀稔彦さんが3月24日亡くなられたことがわかりました。

あまりに突然の事なので、驚かれた方も多かったと思います。

今回は古賀稔彦さんの死因や晩年は痩せていたといわれている事について簡単なプロフィールも合わせて調べてみたいと思います。

<スポンサーリンク>


古賀稔彦のざっくりプロフィール

名前   古賀稔彦
生年月日 1967年11月21日
出身   佐賀県
学歴   日本体育大学

小学1年の頃から柔道を始める。小学校を卒業したのち、東京にある柔道私塾「講堂学舎」に入門。そこは有望株が集まると言われている虎の穴。世田谷学園高校から日本体育大学に進学。その時に18歳ながらなんと嘉納杯国際大会で優勝。金メダル確実と言われていた88年ソウルオリンピックでは3回戦敗退。そののちのバルセロナオリンピックでは日本選手団の主将に。大会直前の練習で左膝の靭帯を痛めるも金メダルを獲得。この時の怪我の状態というと、なんと肩を借りないと歩けない程だった。気力が全てを上回ってる状態だったんですね。96年のアトランタオリンピックでは銀メダルを獲得されています。

 

<スポンサーリンク>


古賀稔彦の死因は癌?

◆スポーツ
柔道 金メダリスト 古賀稔彦さん死去 53歳

鮮やかな背負い投げを持ち味に「平成の三四郎」と呼ばれたバルセロナオリンピック、柔道の金メダリストの古賀稔彦さんが24日、亡くなりました。
関係者によりますと、古賀さんは去年がんの手術を受けて、療養を続けていたということです。53歳でした。

引用元:NHKニュース

バルセロナオリンピック金メダリストの古賀稔彦さんの死因は、今の所は不明となっています。

ただ昨年に癌の手術をされていたようなので、死因と少なからず何かしらの因果関係もあるのではないかと考えてしまいます。がんの闘病されていたとの事ですが、亡くなられた後に事実を知るとなんとも言えない気分になりますね。アスリートと言えばとても屈強なイメージと鋼のメンタルを想像してしまいがちですが、"それでも克服できないのか"と一般人のわたしには辛い現実です。

 

古賀稔彦は病気で痩せていたという噂は本当か?

がんと聞くと、放射線治療、薬の副作用で髪の毛が抜ける、と言った状況をすぐに思い浮かべます。

では、古賀稔彦さんの場合はどうだったのでしょうか?病気のために痩せていたと言う噂もあるので、調べてみました。

ツィッターに画像があがっていたので、シェアしたいと思います。

明らかに痩せてますよね。

もう別人かってくらい痩せられてますよね……。ガッシリしているイメージしかなかったので、かなり衝撃を受けますね。闘病中だったと言うのも納得です。

世間の声はどうなのか?

<スポンサーリンク>


まとめ

古賀稔彦さんの死因は今のところ不明。

古賀稔彦さんの病気はがんだけど、因果関係は今のところ不明。

古賀稔彦さんの痩せた原因は、病気のがんと闘病中だったため。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

古賀稔彦さんのご冥福をお祈りいたします。

<スポンサーリンク>


ブログ統計情報

  • 660,398 アクセス

-ニュース

© 2021 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5