エンターテイメント

ヒロド歩美はハーフだけど本名は何?国籍はどこで両親の出身はどこ?

https://haruhaya0829.com/画像引用元:ABCアナウンッサー - Bing images

<スポンサーリンク>


ヒロド歩美さんといえば、多くの方がご存知のとおり、朝日放送(ABC所属)のアナウンサーです。

人気番組である「芸能人格付けチェック」で3代目格付けアナウンサーを担当するなど、メディアへの出演も多いことから、彼女の知名度は高いです。

また名前にもインパクトがあるため、アナウンサーの中でも印象に残る存在なのではないでしょうか。

今回はそんな、ヒロド歩美アナの本名や出身について、まとめていきたいと思います。

<スポンサーリンク>


ヒロド歩美はハーフだけど本名は何?

まず、ヒロド歩美アナの本名ですが「廣戸・ビクトリア・歩美」ということが分かりました。

「ビクトリア」というのは、欧米人などによくあるミドルネームです

調べによると、彼女のお父様が日系オーストラリア人ということなので、ハーフとなる娘にも日本では馴染みのないミドルネームを付けたと考えられます。

そしてヒロド歩美アナは、お仕事の際には「ヒロド歩美」という名義を使っており、苗字である「廣戸」を「ヒロド」とカタカナ表記にしています。

これについては、アナウンサーとして「覚えてもらいやすい」「読んでもらいやすい」という理由で、カタカナにしたのではないかと考察します。

「廣戸」の「廣」というのは難しい漢字のため、パッと見は読みづらく、断然カタカナのほうが印象的かつ読みやすいですね。

次の見出しでは、彼女の国籍について触れていきます。

<スポンサーリンク>


ヒロド歩美の国籍はどこ?

ヒロド歩美アナの国籍は「日本」ということになっていますが、中には「オーストラリア」という情報もあります。

これはどういうことなのか、以下で解説していきます。

前述したとおり、ヒロド歩美アナのお父様は日系オーストラリア人です。

ご実家はオーストラリアにあって、娘であるヒロド歩美アナも、小学2年生の頃に9か月間オーストラリアに滞在していたそうです。

ただそれ以降は、ずっと日本で育ってきたとのことです。

また、ヒロド歩美アナは英語が堪能です

しかし情報によると、彼女は過去に「外国籍なのに英語が話せない」ということにコンプレックスを持っていたと分かりました。

その後に英語を猛勉強して、高校時代には英語のスピーチコンテストで優勝するほどにまでなり、ご自身の力でコンプレックスを見事に解消しました。

つまり、ヒロド歩美アナは少なくとも外国籍(オーストラリア国籍)だったことがあると分かります。

さらに、出生時の国籍取得について重要な血統主義の中に「父系優先血統主義」というものがあります。

ヒロド歩美アナはこの方式をとったと考えられます。

「父系優先血統主義」とは父親側の血筋を優先するというもので、彼女は父系優先血統主義に基づいてオーストラリア国籍を取得した可能性が高いです。

以上の情報から、本記事ではヒロド歩美アナは「過去にオーストラリア国籍だったことがあるが、現在は日本国籍である」と考察したいと思います。

<スポンサーリンク>


ヒロド歩美の両親の出身はどこ?

ヒロド歩美アナのご両親の出身ですが、前述したようにお父様はオーストラリア出身です。

さらに詳しく記述すると、お父様は「日系オーストラリア人の3世」です。

ちなみに、父親の祖父(ヒロド歩美アナの曽祖父)がオーストラリアに移住した日本人であるということが分かりました。

ヒロド歩美アナのお父様は戸籍上ではオーストラリア人ですが、血筋的には純粋な日本人ということになります。

次にヒロド歩美アナのお母様についてですが、こちらは普通の日本人で出身も日本とのことでした。

ご両親の出身から、ヒロド歩美アナは「ハーフとされているものの、本来の血筋的には日本人」ということになります

ヒロド歩美アナは可愛らしい整ったお顔立ちをされていますが、外国人の要素というのはあまり感じられません。

それでも彼女にハーフというイメージがついているのは、「ご両親の出身」や「名前がカタカナ表記であること」、「英語が堪能」ということが影響しているのでしょう。

まとめ

実際に、ヒロド歩美アナの秘密に迫ってみましたがどうでしょうか?

少し印象は変わったんじゃないでしょうか?

えっ?カタカナじゃないの?むしろ漢字だったの??

っと、私自身調べたときは衝撃をうけました(笑)

毎週日曜日の朝の情報番組サンデーLIVEも絶好調の彼女から目が離せないですね。

ヒロド歩美アナには、今後も自身の経験や経歴を活かして、多くの番組で活躍する姿を見せてほしいですね!

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 641,739 アクセス

-エンターテイメント

© 2021 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5