【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

長谷優磁(長谷園7代目)のかまどさんがすごい!経歴と価格も調査!

 

出典:https://www.igamono.co.jp




さて、みなさんこんにちは!

今回は、長谷優磁さんという方をご紹介いたします。

登場されるのは以下の番組です。

カンブリア宮殿【日本の食卓を変える!“便利土鍋”の秘密】

2017年3月23日(木)  21時54分~22時54分
【番組内容】

主婦の間で噂になっている75万台を売った大人気の炊飯土鍋がある。

その名も「かまどさん」。実は、この土鍋15分間中火で加熱し、火を止めて20分蒸らすだけで、

釜戸を使って「はじめ、ちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子が泣いても、蓋とるな」で炊いたような、

ふっくらとした、美味いご飯が、火加減の調整をしなくても再現できる優れもの。

食べた人に、こぞって「もう炊飯器には戻れない」と言わしめる、感動を生む土鍋。

そんな土鍋を生み出したのが、三重県伊賀市にある180年以上の歴史を持つ伊賀焼の窯元・長谷園

古くは、千利休が使用する茶器などを手掛けていたが、その後、清水焼や信楽焼などの有名焼き物の下請けに甘んじてきた窯元だ。

そんな下請け窯元が、なぜ空前のヒット商品を生む会社に変貌できたのか?

直面する危機を乗り越え、土鍋を使った食卓革命に挑む、老舗窯元の逆転秘話を徹底取材した。

<スポンサーリンク>


長谷優磁さんのプロフィールです。

出典:https://www.google.co.jp

名前:長谷 優磁

職業:陶工

天保3年(1832)の築窯以来、伊賀焼きの伝統文化を継承している。

江戸時代から使用している16連房旧登り窯や、代々長谷家住居 母屋は、

国の登録有形文化財に指定されている建造物です。

常に時代のニーズに応じた作陶を続ける伊賀焼きの郷・長谷園の7代目当主。

伝統の象徴16連房の登り窯が現存するのは日本中で長谷園だけなんだそうです。

訪れるだけで価値がありそうですね♪

<スポンサーリンク>


「震災を通して日本人は今、絆の大切さに改めて気付き始めている。

だけど、家族の絆を作れなくて、社会の絆を作れるわけがない。

毎日は無理でも、家族できちんと食事ができる時間を作るべきだとワシは思っとる」

 引用元:https://www.muji.net/lab/blog/caravan/mie/020628.html

う~ん、なんか深いですよね。

家族の絆が作れない人間が、社会の絆が作れるわけがない。

これ、ほんと至極全うな意見。

長谷さんは、「作り手こそ真の使い手たれ!」をモットーに、

新商品開発の際には、娘さんのいる東京のマンションにしばらく滞在して、

自分自身で使い心地を試しているそうですよ。

そんな長谷さんが作った、無印良品の土釜があります。

長谷優磁さんが紹介した炊飯土鍋「かまどさん」は、累計75万台、35億円以上を売り上げているだそうです。

 長谷優磁さんは、4年で1000台以上のかまどを作っては壊し、「かまどさん」を生み出されています。

試作に1000台ですよ??

もはや狂気の世界・・・・。

4年もの間、ほぼ毎日作っては壊し、作っては壊しの日々を想像しただけで嫌になりますね・・・。

その後、電気で調理できる陶製の調理器を作って欲しいという要望もあり、開発に取り組まれたそうです。

6年の歳月をかけて完成したのが、

「陶珍かまど『極』」です。

なんと電子レンジで調理ができるんだそうですよ。

「陶珍かまど『極』」の画像検索結果

 「陶珍かまど『極』」の画像検索結果

電子レンジで、ご飯が炊けるなんて思いもしなかったです・・・・。

最後に

上記の2つの土鍋ですが、当然のことながら、お値段もそこそこします。

ただそれを補って、余りあるだけの物を提供してくれそうですね!

土鍋での炊飯は難しいと思っていましたが、こんな便利な時代にマッチした土鍋があることが

分かって今回は、調べてみて良かったと思います。

2合だけ炊ける小さな土鍋もあるので、これを購入してみようと思います。

平均5000円前後のようなので、お手ごろ価格ですしね♪

Amazonのかまどさん最安値価格

  • 1合炊き:4,781円
  • 2合炊き:5,499円
  • 3合炊き:7,350円
  • 5合炊き:13,453円

実際の価格は、必ずご自身で確認願います!

それでは!!

【関連記事】

かまどさん(長谷園土鍋)誰でも炊ける?IH対応と味はどう?

千葉祐士社長(門崎)の経歴とプロフィールが凄い!お店の場所も調査!

千葉祐士(門崎)格之進の熟成肉とは?メンチやハンバーグの通販は?

<スポンサーリンク>


-TV・ドキュメンタリー