【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

菊池夢美(海洋生物学者)の経歴が凄い!年収と結婚に年齢も調査!

出典:https://www.google.co.jp



みなさんこんにちわ!

たけさんです。

 

今日は久しぶりに、ある番組が気になりました。

それは、「情熱大陸」です。

 

なんだよ、全然気にならねぇ・・・・・

とか言われそうですねw

 

「菊池夢美」の画像検索結果

なんでも日本で唯一の

マナティー研究家の菊池夢美さん

注目していきたいと思います。

お付き合い宜しくお願いいたします。

 

番組内容は以下になります。

情熱大陸【菊池夢美/人魚姫のモデル!?日本唯一の“アマゾンマナティー”研究者】

2017年6月18日(日)  23時20分~23時50分

 

でっぷりとした胴体に愛らしいつぶらな瞳。

南米のアマゾン川流域にのみ生息するアマゾンマナティー

濁った水中で一生を過ごすため、野生個体の発見はままならず、

生態は謎に包まれている。

 

その日本唯一の研究者として現地で活躍するのが

京都大学野生動物研究センターの菊池夢美さん。

乱獲によって頭数が激減したアマゾンマナティーの

種の保全に取り組みながら生態の謎を解き明かそうと、

その魅力に惚れ込む女性研究者に9ヶ月間密着!

です。

<スポンサーリンク>


菊池夢美(きくちむみ)さんのプロフィールと経歴です♪

「菊池夢美」の画像検索結果

・名前:菊池夢美(きくち・むみ)

年齢:35歳

・生年月日:1981年

・出身地:東京都

・学歴:東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了

・結婚:既婚 結婚7年目になる2歳年下の夫

 

手塚治虫の動物をテーマにした漫画「タイガーブックス」に

影響を受け、日本大学生物資源化学部に進学。

 

当初は野生動物全般に興味を持っていたものの、

旅行で訪れた「沖縄美ら海水族館」

初めてマナティーに出会い

その美しさに一目惚れする。

 

しかし調べようにも目ぼしい資料が無く、

「ならば自分が」とマナティー研究家の道を歩み始める。

普通は、「ならば自分が」とはならんですよねww

「沖縄美ら海水族館」の画像検索結果

 

「沖縄美ら海水族館」の画像検索結果

菊池さんとマナティーとの出会いは

「沖縄美ら海水族館」だったそうです。

そこで見たマナティーの美しさに一目惚れする

マナティーってどんな魅力があるのでしょうか?

よく似たジュゴンとの違いも気になります。

<スポンサーリンク>


マナティとジュゴンの違いは?

「ジュゴン」は海水域に生息する

ジュゴン科の哺乳類で尾びれが三角形

ジュゴン

 

「マナティ」は淡水域、汽水域に生息する

マナティー科の哺乳類で尾びれが円形

 

日本でマナティーのいる水族館は4ケ所。

・沖縄県 「美ら海水族館」(沖縄県国頭郡本部町字石川424)

・三重県 「鳥羽水族館」( 三重県鳥羽市鳥羽3丁目3-6)

・香川県 「新屋島水族館」(香川県高松市屋島東町1785-1)

・静岡県 「熱川バナナワニ園」(静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本971-9)

アマゾンマナティーとは?

南米のアマゾン川流域にのみ生息。

国際自然保護連合(IUCN)の

絶滅危惧種に指定されている
水性哺乳類

マナティーは生息地域によって種類が3つに分けられるそうです。

アメリカマナティー・アフリカマナティー・アマゾンマナティーの3種類で、

菊池さんが研究しているのはアマゾンマナティーです。

アマゾンマナティーの大きさは3~4メートルほど。

体重は400kg前後。

餌は水草からレタスまで幅広いので、

海藻しか食べないジュゴンより

経済的に飼育できるとのこと。

年収について

勤務先の京都大学野生動物研究センターの求人によると、

月収は35万円

年収は35万×12ヶ月=420万円

ボーナスは、2ヶ月×2回=140万

合算すると560万となります。

以上が予測年収ということになります。

 

悪くはないんじゃないでしょうか?

ブラジルと日本の行き来もあるので、

実際は、赴任手当て等もあるはずなので

実質はもう少し高いと思われます。

<スポンサーリンク>

最後に

一年の3分の一をアマゾンで暮らし、

研究に没頭されている菊池さん。

日本の番組を見る余裕なんてないかと思いきや、

プライベートで妖怪ウォッチや吉本新喜劇に

かなりハマっているようです。

これは実に意外でしたねww

 

海外でこういう生活をされている

人たちは、日本の番組がさっぱり

分からない人が多い印象でした。

 

やっぱりインターネットの時代と

感じさせてくれます。

 

今日の番組で他にも色々とお話が、

聞けそうですね。

 

ここまでお付き合いありがとうございました。



-TV・ドキュメンタリー