【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドラマ 芸能

滝藤 賢一の素顔は、オシャレとメガネ好きな人だった!

2016/10/22

2013年の最大ヒットを生んだ、日曜の夜を熱くしたあのドラマ、そう『半沢 直樹』にも出演されてたこの方を気になったので、ご紹介致します。

鬼気迫る演技で、すっかり視聴者を魅了されたあの俳優です。

tatkitou

滝藤 賢一さんです!(笑)

生年月日  1976年11月2日(39歳)
出生地   愛知県名古屋市
身長     177cm
血液型    O型
職業      俳優

筆者と同じ年齢なので親近感沸きまくりです。
思ってたより身長が高いですね。筆者より約7cmですが・・(汗)
<スポンサーリンク>


以前からTVでチョコチョコお見かけしておりましたが、結構、個性派俳優的の印象を受けていましたね。
実際、一度見たら忘れない顔です。(私だけなんでしょうか?)
当然、役柄もそういう類が多いような気がします。

2008年、映画『クライマーズ・ハイ』に出演。当時は全くの無名だったにもかかわらず、ワークショップで面識があった原田眞人監督からオーディションに呼ばれ、合格、新聞記者・神沢周作役での演技が注目を浴びる.
出典:Wikipedia

凄いですよね!無名だったにもかかわらず、オーディションに通ってしまうなんて・・・・。(笑)
ただ、あの映画の時でも結構インパクトあったと思うんですけどね。
まだあの時、つまり今から8年前(現在2016年)では、まだ俳優だけの仕事でご飯が食べれなかったようです。

約10年程、仲代達矢氏の主宰する『無名塾』に在籍し舞台を中心に演技を磨いてらっしゃたようです。
同期には、今をときめく『真木ようこ』さんがいらっしゃいます。
その後、大河ドラマ『龍馬伝』『踊る大捜査線』の中国人刑事役や連続テレビ小説『梅ちゃん先生』の食堂の亭主役など、脇役として多数のテレビドラマや映画に出演するようになったみたいです。一気に駆け上がった感が半端ないですね!!
裏話として、『踊る大捜査線』のオーディションの際、台詞を一切おぼえず台本を手にオーディションを受けたものの受かるはずはず無いと思っていたようですが、結果はご存知のとおり見事”合格され、あの演技を見ることができました(笑)
実際のオーディション会場には、本物の中国人の方もいらっしゃったようです。(汗)
<スポンサーリンク>

最近の映画で言えば、『テラフォーマーズ』にも出演されてましたし、ドラマで言えば『ドクターX』パート4ですよね!
アメリカからやって来たスーパードクター役でしたが、実際はどうなんでしょうか??
ドラマの中で確認したいと思います。

この冬に放送が始まる、NHK BSプレミアムで三重発地域ドラマも放送されます。

『ラジカセ』http://www.nhk.or.jp/tsu/rajikase/

滝藤 賢一さん自身、主演なので無条件にオファーを受けられたようです(笑)
ご家族は、奥様と3男、1女ですので、いわゆる4児の父です。
単純に、凄いです。子供は、2人でもヘロヘロになるのに4人て・・・・・・。
ただただ、関心すのみですね。

そんな滝藤 賢一さんの唯一の趣味は「服とメガネ」だそうです。
筆者も普段はメガネがないと何も見えないので、俳優の方やメディアに登場される有名人や芸能人んの方々がされてるメガネには、結構敏感に反応してしまいます。

メガネはジョニー・デップさんとかがされているようなものを5個くらい持っていて、服装によって変えるにしている」という。出典:滝藤 賢一

メガネに拘ってらっしゃると言う事は、間違いなく服も拘ってらっしゃいますね(笑)

旅行に関して、滝藤さん自身がテレビで海外に行ったことが無い嘆いてらっしゃいました。
結局、番組の企画で海外に行ってらっしゃいましたが、家族で一緒に行くための予行練習と言ってらっしゃったのが印象的でした。
やっぱり海外旅行となると、色々大変ですからね。

これからも同じ歳として応援いたします!

<スポンサーリンク>


-TV・ドラマ, 芸能