【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

小野元延(小野莫大小工業)の小野式がすごい!通販も調査!

 

みなさん、こんにちわ!

たけさんです!

今回もすごいのを見つけてしまいました。

紹介されるのは、以下の番組です。

がっちりマンデー!!◆「○○式ビジネス」山田式から小野式まで…開発者の名前が!

2017年7月30日(日)  7時30分~8時00分 

世の中には、名前がついた○○式というのが結構ある!

名前がついてるってことは、がっちり儲かっている証拠!

高瀬式は、風速30メートルにも耐えるビニールハウス!?

【番組内容】

世の中には、トレーニング方法や勉強法など、

名前がついた「○○式」というのが結構ある!

名前がついてるということは、がっちり儲かっている証拠!?

ということで、

今回は「儲かる◯◯式」を徹底取材!

・山田式は、叩いて叩いて叩きまくる中華鍋!

・高瀬式は、1年間に14回もベビーリーフを生産!

そのワケは、風速30mにも耐えるビニールハウスだった!

小野式は、ぐ~んと伸びる生地を作る!伸び縮みのヒミツは、アミ目にあり??

っとなっていますが、

今回は小野式を取り上げます♪

<スポンサーリンク>


<スポンサーリンク>


小野莫大小(メリヤス)工業って?

小野莫大小(メリヤス)工業とは、

繊維・カットソー生地の開発、販売を行っているテキスタイルメーカー。

創業88年を誇る歴史の中で確かな技術力とノウハウを蓄積し、

従業員は20名と少数ですが、

CHANEL、Bottega Veneta、Yves Saint Laurent、GUCCI

などの世界一流ブランドの生地まで手がけているんだそうです。

 

元々は少量・小ロットの受注を得意としており、

最高品質の生地を生み出すため、こだわりの職人技術だけでなく

編み針や機械の設計まで手掛け、取引先との信頼関係を築いてます。

現社長の元延氏は62年、機械系の専門学校を卒業し同社に入社。

しかし、業務に深くは携わらず、趣味である奈良の寺社巡りや芸術鑑賞に没頭していたという。

広い見識や豊かな感性が磨かれ、それが高じて

「芸術的な要素を繊維に落とし込むことはできないか」

いつしか考えるようになった。

この動機が生まれたことで、元延氏は本格的に繊維の道に入ることを決断した。

引用元:http://www.sen-i-news.co.jp

 

現在の代表である小野元延氏が社長に就任した時に、

「高付加価値商品の開発」をベースにしたオリジナル商品戦略を掲げ、

2006年にはこれまでにない画期的なオリジナル生地「コズモラマ」

開発し、特許を取得した。

 

パリで年2回開催される国際的な繊維・服地の見本市

「プルミエール・ビジョン」へも何度も出展。

 

世界中のファッションに影響を与えるといわれる

「プルミエール・ビジョン」をきっかけに、

世界中の一流メゾンから引き合いが来るようになり、

その後も定期的な取引が続いているという。

 

さらなる商品開発にのりだすべく、自社工場に加えて

イタリアの紡績会社とも協業しており、常に新しい発想を持って

業界全体へと提案し続ける姿勢を崩さない。

「これまで市場に存在しなかった商品を開発すれば、同業他社との競争が生じることもありません。」

小野莫大小(メリヤス)工業の新技術とは?

『コズモラマ』
シルクのような光沢感と合繊のような光沢があり、とても品のある生地。
生地どうしがくっつかないファスニングフリーで特許を取得。
生地と肌の間に常に空間があり、何も着ていない感覚さえも感じさせます。
天然繊維100%でありながら、汗の吸水速乾性もあり、嫌な臭いも自然除去してくれます。

『ディオラマ』
コズモラマとテクノラマとディオラマ、三つの中で一番柔らかく優しいタッチが特徴。
カシミヤタッチを綿100%で表現することを目指した生地です。
最高級の綿を使用したディオラマは、綿本来の良さを最大限に生かし、糸にはあまり加工せずに作られています。
とても自然な光沢感があり、綿100%とは思えないような質感を表現しています。

『テクノラマ』
作り方を一言でいうと、コズモラマの数歩手前の状態
糸にバイオ加工を施し、独特のぬめり感と強撚のシャリ感があります。
カジュアルとラグジュアリーの中間の『とても品のあるヴィンテージ感』といった見た目の生地です。
吸水速乾性はコズモラマとテクノラマとディオラマ、三つの中で1番優れています。

最後に

いかがでしたでしょうか?

なんでも今の社長になった時に、時を置かずして

他社との価格競争に巻き込まれ”テンヤワンヤ”

なっていたそうです。

それを脱却するために「競争の無い、誰にもまねできない素材開発が必要だった」

当時常務だった元延氏は、新技術の開発に独立独歩で専念。

5年以上の歳月を経て2003年に基軸素材である”コズモラマ”の開発に成功。

これが現在の基礎となっているようですね♪

 

ここまでお読みいただきありがとうございます!

<スポンサーリンク>




-TV・ドキュメンタリー