【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

宮路勇輔(みやじ豚社長)のプロフィールと経歴は?結婚はしている?

出典:https://www.google.co.jp



みなさん、こんにちわ!

たけさんです。

 

昨日に引き続き、2人目の紹介です。

みやじ豚 社長 宮治勇輔さんです。

出演される番組は、以下になります。

カンブリア宮殿【91歳も感動!絶品カツ&幻のアジ直送…食卓の開拓者たち】

2017年7月13日(木)  22時00分~22時54分

▽絶品カツで売上急増!

▽三つ星料理長も絶賛!

▽ブランド豚肉革命!

 

細り感の強かったニッポンの一次産業を、

感動があって稼げるものに一変させた若き開拓者がいる

2人目、宮治勇輔は父が作る美味しい豚肉を

ブランディングしようと「みやじ豚」をスタート。

常識破りの手法で直販を実現し、

年商を7倍にまで引き上げた。

恒例にざっくりプロフィールです♪

「宮治勇輔」の画像検索結果

名前:宮治勇輔

生年月日:1978年6月

出身:神奈川

学歴:慶応義塾大学総合政策学部卒業

職歴:パソナ

婚歴:既婚

 

2001年に慶応義塾大学総合政策学部を卒業

株式会社パソナに入社。4年間勤務

2005年に退職して実家に戻り「みやじ豚」のブランド化

生産から販売まで一貫したプロデュースを手掛ける。

2006年に株式会社みやじ豚を設立。

2009年、NPO法人農家のこせがれネットワークを立ち上げる。

<スポンサーリンク>


6Kの農業はやらない!?

・きつい

・汚い

かっこ悪い

・くさい

・稼げない

・結婚できない

まさしく、6個のKですねww

 

僕が個人に言わせてもらうと、

かっこ悪いと思われる事を気にしている

ようでは、まだまだ若いですねw

年齢を重ねていくとソコのあたりは

気にならなくなりますww

<スポンサーリンク>


みやじ豚のブランド化とは?

ご本人が一番やりたくなかった仕事。

豚の世話て・・・・・・。

全く眼中に無かったそうですが、

その思いが180度変わる出来事が

起きます。

 

大学生のとき、実家に友だちを呼んでうちの豚肉で

バーベキューをしたことがありました。

友だちが『こんなにうまい豚肉は食べたことがない』と感動していて、

(そうか、うちの豚肉はそんなにうまいのか・・・)と初めて気づいた。

そのとき友だちから思いもよらない質問を受けたのです。

『この豚肉、どこで買えるの?』と。

答えられず親父に聞いたら、親父もわからなかった。

手塩にかけて育てた豚が、卸会社に出荷した後、

どう流通しているのか、誰が食べているのか、

農家にはわからない仕組みが続いていたのです。

出典:http://drive.media

 

農家と消費者が切り離され、

お客さんの「おいしい」という声が

生産者に届かない。

 

手間暇かけて質の高い農作物を生産しても、

価格は相場と規格に左右され、労力に見合った利益が得られない。

稼げない、魅力がないから若者が農業を継ぎたがらない。

 

そんな構造の中で、黙々と働く父親の姿が頭から離れなかった。

実家の養豚業と日本の農業を変革したいという思いが募った。

一方で、会社を辞めて本当に食べていけるのか

、毎日休まず豚の世話ができるのか、1年以上悩み続けた。

結果

やるんですがねww

『みやじ豚バーベキューイベントの様子』

みやじ豚バーベキューの様子

結局、率のわるい卸より

自分たちで価格を決めれる

バーベキューイベント』を開催。

今では恒例のイベントになっている。

 

実際に、コレを行うことにより

豚肉の味を知ってもらう!

レストランやに口コミで人気が広がる!

 

そしてインターネットサイトで

直販できる仕組みも構築されてます。

バーベキューセットのご注文はこちら♪

最後に

いかがでしたでしょうか?

あんなに嫌っていた農家の”せがれ”が

養豚業を手掛ける。

 

気づきは、友達の一言がきっかけ。

おそらく自分たちでは、いつも食べてるので

味としては完全にデフォルト。

 

他の人が食べて初めてその価値に気づく。

 

別れたあとに、その女性の素晴らしさに気づく

感じでしょうか??

 

そこから勢いに乗る”みやじ豚”

今後の展開も目が話せませんね!!

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございます!

<スポンサーリンク>




-TV・ドキュメンタリー