本ページはプロモーションが含まれています

エンターテイメント

yura(ゆうら)の本名や年齢に身長や体重に格闘技歴や出身高校や大学は?

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

今回ご紹介するのは、「YURA(ゆうら)」さんです!
ブレイキングダウン8のオーディションの時にわずか4秒で相手をKOしてしまったのがきっかけで、YURA(ゆうら)さんに注目があつまっています。
飯田選手の時もそうでしたが、やはり最初の数秒で勝ってしまうと幻想をどうしても抱きがち。
果たしてYURAさんは、本物なのかどうか検証していきます。

今回はYURA(ゆうら)さんについて以下の項目について徹底調査します。

ポイント

・YURA(ゆうら)とは何者?
・YURA(ゆうら)の本名や年齢に身長や体重
・YURA(ゆうら)の格闘技歴や出身高校や大学は?

それではさっそく見ていきましょう!

YURA(ゆうら)とは何者?

YURA(ゆうら)さんはロシアと日本のハーフで、プロキックボクシング10戦10勝(4KO)の戦績を持っています。
正道会館で空手を習い、キックボクサーに転向しています。
ピーター・アーツスピリット大会(現=アマチュアキックボクシング協議会)優勝の経歴があり、2021年のK-1甲子園では-65kg決勝で古宮晴さんと覇を競い合っているのです(準優勝)。

2022年7月には、アクセルプロモーション『ACCELvol.53』において、空手とテコンドーで実績のある小野寺天汰(KICKLAB)から得意のパンチを活かして判定勝利するなど無敗街道を突っ走っています。

K-1本戦で戦うことを目指しており、このまま勝ち進めば名実ともに格闘技界の中心にのし上がる可能性は高い人物と言われているのです。

YURA(ゆうら)の本名や年齢に身長や体重

かなり注目度が高いYURA(ゆうら)さん。
気になるのが本名や年齢などではないでしょうか。
それに先ほども紹介しましたがYURA(ゆうら)さんはロシアとのハーフです。
結構見た目もカッコいいですよね。

YURA(ゆうら)さんのプロフィールを簡単に紹介していきましょう。

本名:甲野裕頼(こうの ゆうら)
生年月日:2003年8月18日
年齢:19歳(2023年7月現在)
身長:177㎝
体重:通常体重73~74㎏ 試合時体重 65~67㎏

と、なっています。

 

19歳ながら、キックボクシングで無敗の9戦9勝を誇るのはさすがに格闘センスの良さがあるからではないでしょうか。

 

ブレイキングダウン8.5では、ミスターホンデと対決しており惜敗してしまっています。
いきなりラスボスとYURA(ゆうら)さんとの対決感が凄すぎです。
確かにこのクラスの方でないとYURA(ゆうら)さんの勝利が確実なのではないでしょうか。
浅倉未来さんがほれ込んだだけのYURA(ゆうら)さんという事になりますね。

YURA(ゆうら)の格闘技歴や出身高校や大学は?

 

YURA(ゆうら)さんの格闘技歴はどのようになっているのでしょう。

YURA(ゆうら)さんは、レイセフォー選手に憧れて将来はK-1選手になりたいということで小学校2年生から6年生の5年間空手をやっていました。
中学生からはボクシングやキックボクシングを始めています。

2011年に創設された関西猛者連の宮崎支部に所属して常に空手では上位に食い込む実力を持っています。
ボクシングやキックボクシングもすぐに結果をだすなど、格闘技においては、センスの塊といってもいいかもしれませんね。
高校時代にはK-1が主催するK-1甲子園で全てで3位以内の成績を残すなどをしているのです。
気になるのがYURA(ゆうら)さんの出身高校や大学ではないでしょうか?

YURA(ゆうら)さんは、安井飛馬さんと同じ学校で宮崎日本大学高校出身となっています。
大学に行っているという情報はないので、大学には進学していない可能性が高いです。
プロとしても活躍していますから、トレーニングで大学に通う余裕はないのかもしれません。

 

<スポンサーリンク>

さいごに

ブレイキングダウン8で活躍した「YURA(ゆうら)」さんに関する情報をまとめました。

YURA(ゆうら)さんはロシアと日本のハーフで、プロキックボクシング10戦10勝(4KO)の戦績
ピーター・アーツスピリット大会(現=アマチュアキックボクシング協議会)優勝の経歴
2022年7月には、アクセルプロモーション『ACCELvol.53』において、空手とテコンドーで実績のある小野寺天汰(KICKLAB)から得意のパンチを活かして判定勝利するなど無敗街道を突っ走っている
YURA(ゆうら)さんのプロフィールを紹介
ブレイキングダウン8.5では、ミスターホンデと対決しており惜敗
YURA(ゆうら)さんは、レイセフォー選手に憧れて将来はK-1選手になりたいということで小学校2年生から6年生の5年間空手をやっていた
中学生からボクシングとキックボクシングをやりはじめている
出身高校は宮崎日本大学高校

などがあげられます。
キックボクシングでは無敗ですから、すぐにでもK-1に行きたいのではないでしょうか。
ブレイキングダウンでは、ミスターホンデに惜敗してしまいましたが、かなりいい試合をしていました。
ブレイキングダウンだけでなく、今後K-1でも注目を集めていくのは間違いないでしょう♬

 

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 5,116,920 アクセス

-エンターテイメント
-

© 2024 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5