本ページはプロモーションが含まれています

お役立ち

日光東照宮GW2023混雑状況や待ち時間について!営業時間や人気観光スポットを紹介!

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

日本を代表する世界遺産の日光の社寺。

その中でも日光東照宮は徳川家康がまつられた神社で、2023年の大河ドラマの主人公は徳川家康なので日光東照宮が注目されています。

今年は感染症の緩和もあり観光に出かける人も増えてくると予想されます。

そこで、GWの日光東照宮の観光の情報についてまとめてみました。

この記事では以下のことについてかかれています。

ポイント

・日光東照宮GW2023の混雑状況は?
・日光東照宮GW2023の待ち時間について!
・日光東照宮GW2023の営業時間や食事ができるなお店はある?
・日光東照宮GW2023の人気観光スポットは?

それではさっそくいってみましょう。

<スポンサーリンク>

日光東照宮GW2023の混雑状況は?

2023年3月現在日光東照宮に行きたいなと考えていると思うかたは、仕事の都合や家族と行くなら比較的行きやすい日程を考えるのであればGWという人も多いのではないでしょうか。

実際に行こうとすると混雑状況が気になってしまいますよね。
人が多いと駐車場が混雑していたり、待ち時間が増えたりするので、できるだけ人が少ない時に利用したいものです。

日光東照宮が混雑する時期や時間帯はどうなっているのでしょうか?

日光東照宮が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては10時~14時の時間帯が混雑しやすくなっています。

ただ、ゴールデンウィークとなると通常営業時の土日祝日以上の混雑が予想されるので注意が必要です。

特にGWはお出かけしやすい気候という事もあり、最も多くの人で混雑する傾向にあります。

普段の1.5倍~2倍の待ち時間や混雑になりますので、これらの時期に行く時は開門直後に行ったり、混雑が緩和されてきた14時以降に行くようにしましょう!

日光東照宮GW2023の待ち時間について!

日光東照宮が混雑する時期としては、平日よりも土日祝日が混雑し、時間帯としては10時~14時の時間帯が混雑しやすくなっています。

参拝ももちろん並ぶようですが、口コミをみていると駐車場に入るまでに時間がかかったというコメントも多く見受けられました。

駐車場については、公共交通機関や徒歩で行く場合は考慮の必要はありませんが、車で行く場合は駐車場も考えておかなくてはいけませんよね。

GWに駐車場に入るまでに3時間待ったというコメントもあったので、開門してすぐだったり比較的すいているとも思われる15時以降など多くの人が動く時間よりずらす工夫が必要だと思われます。

 

日光東照宮GW2023の営業時間は?

日光東照宮の拝観時間、は4月1日 ~ 10月31日は午前9時より午後5時までです。

尚、各期間とも受付は閉門30分前に終了です。

 

日光東照宮にいったついでの食事ということでランチのできるお店をジャンル別に紹介します。

<スポンサーリンク>

日光東照宮GW2023で食事ができるお店はある?

●洋食

・明治の館
日光東照宮から徒歩7分の洋食の人気店「明治の館」。
明治時代からの歴史あるレストランだそうで、石造りのおしゃれな外観が印象的です。
ランチは中休みなしの通し営業なので、遅めのランチなどでも利用しやすそうですね。

・メインダイニングルーム
明治期創業の歴史あるホテル「日光金谷ホテル」内の「メインダイニングルーム」。
日光東照宮からは徒歩12分です。
クラッシックな雰囲気の店内で、昔ながらの洋食を楽しめるようです。

・カフェレストラン匠
日光東照宮から徒歩11分の「カフェレストラン匠」。
有形文化財の2階にある店内は、レトロな雰囲気が味わえると人気です。
昔ながらの洋定食や湯葉を使った料理が楽しめるそうです。

●ランチのできるカフェ
・日光珈琲 御用邸通
日光東照宮から徒歩10分の「日光珈琲 御用邸通」。
店内は木造のクラッシックな雰囲気で、ゆったりとした時間が流れているのだとか。
人気の天然氷かき氷やコーヒーで、ほっと一息つけそうですね。

・ランカトルグカフェ ニッコー ヴォルテックスアンドクイーニー
日光東照宮から徒歩6分の「ランカトルグカフェ ニッコー ヴォルテックスアンドクイーニー」。
かっこいい響きの店名は、イギリスの楽曲名にちなんでいるのだとか。
レトロな雰囲気の店内では、日光名物の湯葉を使用したスイーツが楽しめるのだそうです。

・メイプルリーフ
日光東照宮から徒歩12分、金谷ホテル内のラウンジコーナーにお店を構える「メイプルリーフ」。
歴史のあるホテル内のラウンジとあり、雰囲気も抜群なのだそうです。
ランチメニューやカフェまで種類が豊富なので、時間を選ばずに利用できそうです。

・本宮カフェ
日光東照宮から徒歩7分の「本宮カフェ」。
自然の中にたたずむ、おしゃれな雰囲気の古民家カフェです。
ダイニング席以外にもテラス席があり、ゆったりとした時間を過ごせると人気です。

 

●和食

・和み茶屋
日光東照宮から徒歩11分の「和み茶屋」。
店内にはお座敷もあり、和を感じられる落ち着いた雰囲気があるそうです。
湯波を使用した懐石料理や、ランチメニューが気軽に楽しめると人気のお店です。

・油源
日光東照宮から徒歩11分、神橋の向かい側にある「油源」。
創業はなんと1859年、歴史のあるお店です。
家庭的な雰囲気の店内だそうで、日光名物の湯波料理が堪能できる人気店です。

・尭心亭
日光東照宮から徒歩6分の「尭心亭」。
明治の館系列のお店だそうで、精進料理のコースが堪能できると人気のお店です。
和室の店内では落ち着いた雰囲気の中、料理を味わえるようです。

・日光ゆば游膳
日光東照宮から徒歩9分、神橋の近くにあるという「日光ゆば游膳」。
日光名物の湯波を使った懐石料理が楽しめるお店だそうです。
お子様ランチもあるので、家族連れでの利用にも良さそうですね。

・きしの
日光東照宮から徒歩1分とアクセスも抜群の「きしの」。
お店の入り口にはお土産が販売されていますが、奥の方に食事処があるようです。
湯波料理を扱っているようで、お宮参りの後に立ち寄りたいお店ですね。

●その他

・日光 翠園
日光東照宮から徒歩8分の広東料理店、「日光 翠園」。金の装飾が施された照明が、中華料理店の雰囲気を醸し出しています。
家庭的な雰囲気がありながら本格的な味わいが楽しめると、地元の人からも愛されているそう。
ランチタイムは11時〜15時。

・みはし
日光東照宮から徒歩12分、金谷ホテルに向かう坂の途中にあるという「みはし」。
日光で人気のステーキ、ハンバーグが楽しめます。
店内は広々としているようで、家族連れのランチにもぴったりのお店だそうです。

・えんや
日光東照宮から徒歩12分の「えんや」。
日光駅からも近く、アクセス良好です。
協会のようなおしゃれな外観が目印です。
ステーキが人気メニューで、ランチタイムに利用するのにぴったりのお店です。

日光東照宮GW2023の人気観光スポットは?

人気の観光スポットを紹介します。
●日光東照宮
日光といえば<日光東照宮>は外せないですよね!
「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿と言われてピンとくる方も多いと思います。
国宝や重要文化財、世界遺産にも登録されており、パワースポットとしても有名なこの神社は、徳川初代将軍・徳川家康公を御祭神におまつりしています。
今年の大河ドラマの主人公は徳川家康であり、注目する人も多いと思われます。
日光観光で外せないスポットの1つです。

● 華厳の滝
日本三名瀑のうちの1つに数えられる<華厳の滝>。
48もの滝があると言われる日光で、最も有名な滝といえると思います。
約97mの高さを流れ落ちる中禅寺湖の水の迫力はまさに壮観ですね。
<華厳の滝>には観瀑台が計2つ設置されています。
「華厳滝エレベーター」で滝つぼが目の前にある観瀑台へ行くと、大迫力の光景が待っています。
新緑や紅葉など四季折々の異なる表情を楽しみに、何度でも足を運びたくなっちゃいますね。

● 東武ワールドスクウェア
世界の有名な建築物を1/25スケールで精巧に再現したテーマパーク<東武ワールドスクウェア>。
47の世界遺産を含む全102点の建造物は、身長約7cmの人形たちとともに展示されています。
現代日本、アメリカ、ヨーロッパなど全6つのエリアに分かれており、園内を1周すると世界旅行の感覚を味わえるのも魅力です。
写真もいろいろなものが撮れるので、老若男女楽しめる場所です。

<スポンサーリンク>

最後に

いかがでしたか。
日光東照宮は今年は徳川家康が大河ドラマで注目されており、GWは混雑が予想されます。
早めか遅めの時間に行くことや、待ち時間も覚悟して行く必要もあるかと思います。
付近には食事ができるお店や観光スポットなど遊べる場所も多くあり、老若男女1日楽しめる場所になっています。

事前に情報収集もして、ぜひ行ってみてくださいね。

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 5,240,634 アクセス

-お役立ち

© 2024 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5