エンターテイメント

ミカヅキ上田とは何者?本名や年齢に身長や体重等のwiki風プロフに出身高校や格闘技歴など完全網羅!

https://haruhaya0829.com/

<スポンサーリンク>

今回ご紹介するのは、お笑い芸人兼女優のミカヅキ上田さんです。

ミカヅキ上田さんといえば、BreakingDown5のオーディションで"てんちむさん"を引っぱたき、ヌルいと言われていた女性オーディションに一石を投じたことで話題になりました。

"ちんちむさん"との絡みで、朝倉未来を爆笑させるという爪痕をしっかり残しています。

 

このこともあってか、2022年7月17日(日)に開催されたBreakingDown5への出場を勝ち取り、土木ネキこと坂本瑠華さんとのマッチメイクが成立しました。

結果としては、0対5で判定負けとなってしまいましたが、てんちむとの因縁があることから、BreakingDown6への出場を期待していた人も多かったのではないでしょうか。

しかし、2022年11月3日(木)に開催されたBreakingDown6に、ミカヅキ上田さんの姿はありませんでした。

そのことについて、ミカヅキ上田さんは、自身のチャンネルで事情を述べています。

 

ミカヅキ上田さんは、どうやら書類選考の段階で落とされてしまったらしく、悔しい胸のうちを赤裸々に語っています。

大盛況のうちに終わったBreakingDown6ですが、すでに次のBreakingDown6.5、そして7に向けて少しずつ動き出しています。

今回は、次のBreakingDownへの出場を目指している人たちの一人である、ミカヅキ上田さんを追いたいと思います。

こちらの記事では、以下の事について書かれています。

ポイント

・ミカヅキ上田とは何者?

・ミカヅキ上田の本名や年齢に身長や体重などのwiki風プロフ!

・ミカヅキ上田の出身高校や大学はどこ?

・ミカヅキ上田の格闘技歴は?

についてさっそく見ていきましょう!

<スポンサーリンク>

ミカヅキ上田とは何者?

そもそもミカヅキ上田さんは一体何者なのでしょうか?

ミカヅキ上田さんは、主にピンで活動されているお笑い芸人です。

ミカヅキ上田さんがお笑い芸人の道を歩み始めたのは、2005年のこと。

当時、ミカヅキ上田さんは、よしもとNSC通信講座を受講し、同世代の女子高生と漫才コンビを組んで活動していました。

こちらは、当時のミカヅキ上田さんが、実際に漫才をしている様子です。

 

 

 

垢抜けてない女子高生、という印象も相まって、初々しさを感じさせる漫才ですね。

この頃には既に芸の道を歩むことを決めていたららしく、お笑い活動と並行して、18歳の時に役者としてもデビューを果たします。

愛知県の新喜劇、つまりお笑い劇団の舞台ではありますが、老婆役として始めての舞台に立ちます。

その劇団で知り合った劇団員と漫才コンビを組んで五年間活動していましたが、その後東京へと上京し、ピン芸人として活動を開始。

ミカヅキ上田さんが上京したのは2011年のことですが、ここから、本当に多彩な方向で努力と試行錯誤を重ねていくことになります。

まず、お笑い芸人としては、過激な下ネタやパフォーマンスを行うようになりました。

お笑い芸人と並行して演劇の勉強も行うようになり、幽霊役などホラー系の役者として活動する道を模索しています。

 

 

ホラー映画好きを公言するだけあって、確かにこう真に迫るものがありますね!

しかし、ミカヅキ上田さんが短編ホラー映画に地縛霊役として出演し、役者デビューを果たしたのは2019年になってからのこと。

上京してから役者デビューまでに八年もかかっており、相当に苦労をしていたことが伝わってきます。

また、ミカヅキ上田さんは資格もいくつか取得しており、自身の活動の幅をどうにか広げようとしていることが伝わってきます。

たとえば、アロマテラピー検定1級やアロマテラピーアドバイザープロフェッショナル資格といったように、自身の美学を追求する方向で努力をしている印象があります。

また、趣味や特技に、ポールダンスや動画編集、クレーム対応等も記しており、ミカヅキ上田さんの「苦労」の跡が伺い知れるようです。

2020年には、モト冬樹さんやU字工事さんが所属する「株式会社デューズ」へと入り、活動の幅を広げていくことになります。

ここまで色々と挙げてきましたが、はっきり言ってしまうと、ミカヅキ上田さんは到底売れているとは言い難い芸人であり、役者であるというのが現実でしょう。

例えば、プロフィール覧で確認できる限り、R-1グランプリで二回戦まで出場できたのは、2013年と2018年の二回だけです。

こうした現状への自覚はミカヅキ上田さんにもあり、そうした中で、2022年6月、BreakingDown5のオーディションに出演することになります。

てんちむさんを引っ叩いたことを引き合いに出されがちなミカヅキ上田さんですが、一方で自身の壮絶な人生を語っている姿も印象的です。

中高でイジメにあい、芸人として売れず、ゴキブリやドライアイス、タバスコ一気飲みなどなんでもやり、それでも、三十四歳からでも人生始めるの遅くないことを証明したい。

はっきり言って、これを書いている私自身、ミカヅキ上田さんには、特筆して活躍していると言えそうな部分は、「ない」と思わざるを得ない経歴ではあります。

しかし、だからこそ、ミカヅキ上田さんには、人生を賭けてBreakingDownの舞台に立つ資格がある一人の戦士である、ということは言えるのかもしれません。

<スポンサーリンク>

ミカヅキ上田の本名や年齢に身長や体重などのwiki風プロフ!

名前:ミカヅキ上田
本名:上田唯
生年月日:1988年5月19日
年齢:34歳(2022年11月現在)
身長:164.5cm
体重:59kg前後

まず、ミカヅキ上田さんの本名は、「上田唯」で確定とみて問題ないでしょう。

こちらは、ミカヅキ上田さんが所属している芸能事務所、デューズの発行しているプロフィールに記載がありました。

また、ミカヅキ上田さんは、幽霊専門女優としても活動しており、その際の名義は「上田ゆい子」となっています。

続いて年齢は、34歳(2022年11月現在)となっております。

34歳となると、お世辞にも若いということは難しい年齢で、オーディションの際にも、自身の苦しい境遇を述べていました。

しかし、「三十四歳からでも人生始めるの遅くないことを証明したい」と言ったのもミカヅキ上田さん自身です。

ミカヅキ上田さん程のハングリー精神があれば、ここから人生を逆転することも可能だと思わせるパワーを感じさせます。

身長はプロフィール覧にも記載がありますが、最新の計測によると、なんと164.5cmになっている事が発覚。体重については、BreakingDown5の際の公開計量を元にしています。

BreakingDown5の開催が2022年7月17日(日)で、BreakingDown6までおおよそ4ヶ月程度の時間が経過したことになります。

ミカヅキ上田さんはBreakingDown6への出場を希望していました。

ミカヅキ上田さんは書類選考で落ちてしまっていますが、当然出場に向けて身体を作っていた訳ですから、BreakingDown5時の体重からあまり前後することは考えづらいことです。

 

現に、上のInstagramの投稿にもあるように、トレーニングを続けていることから、体重についてはBreakingDown5から大きな変動はないと推測しました。

<スポンサーリンク>

ミカヅキ上田の出身高校や大学はどこ?

それではミカヅキ上田さんの出身高校や大学はどこになるのでしょうか。

 

まず、ミカヅキ上田さんの出身高校については、公表されていませんでした。

恐らく、ミカヅキ上田さんの出身である三重県内の高校に通われたと思われますが、ミカヅキ上田さんにとって、高校に限らず、学校についてはいい思い出はないと思われます。

なぜなら、ミカヅキ上田さんは、小学校から高校にかけて、壮絶なイジメを受けていたからです。

https://twitter.com/ueda3mo/status/1153325931479519233

BreakingDown5のオーディションの時には中高と言っていましたが、Twitterでの発言を見る限りでは、小学校の頃にもイジメを受けていたことになります。

常識的に考えて、イジメを受けていた過去を持つ人が、そのイジメられていた場所である学校について公表をするでしょうか?

ミカヅキ上田さんについては、出身高校を非公表にする妥当な理由があると判断し、これ以上の深追いは避けたいと思います。

ちなみに、ミカヅキ上田さんは、大学は進学しなかったことは分かっています。

ミカヅキ上田さんは、高校生の時からお笑い芸人を志し、18歳の時には新喜劇の舞台に立っていますが、それ以前にミカヅキ上田さん自身が高卒であると証言しています。

https://twitter.com/ueda3mo/status/1552330254894891008

そもそも、小中高と一貫してイジメを受けていたミカヅキ上田さんにとって、「学校」そのものにいい思い出は一つもないでしょう。

そういう過去を持つミカヅキ上田さんが大学でキャンパスライフを送っているというのは、ちょっと想像がつかないのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>

ミカヅキ上田の格闘技歴は?一方で、ミカヅキ上田さんの格闘技歴はどうなっているのでしょうか?

ミカヅキ上田さんは、2022年7月17日(日)に開催されたBreakingDown5時点で、柔道歴7年、プロレス歴4ヵ月と紹介されています。

つまり、柔道歴はともかく、プロレス歴は、2022年11月時点で7ヵ月になっている、ということでしょう。

ミカヅキ上田さんの格闘技歴を語る上で、特筆するべきなのは柔道でしょう。

学生時代はほぼすべての期間でイジメを受けていたミカヅキ上田さんですが、一方で中学から高校にかけて柔道をやっていました。

https://twitter.com/ueda3mo/status/1545207994920878080

学校には柔道だけをしに来ていた感じで、三重県の市内大会で準優勝したことがあるようです。

ただし、段位自体は「段」ではなく一級止まりではあり、いわゆる「黒帯」ではなかったと思われます。

また、プロレスについては詳細は出てきませんでしたが、いずれにせよ、ミカヅキ上田さんがBreakingDownに向けてトレーニングを積んでいたのは事実ではありそうです。

どちらかと言えば打撃系のトレーニングをしている様子が出てくる印象があり、何故「プロレス」なのかはいまいち判然としません。

逆に言えば、色々な格闘技を模索していく中で、ミカヅキ上田さんなりの格闘技のスタイルを確立しようとしている最中なのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

さいごに

ミカヅキ上田さんについてまとめました。

・ミカヅキ上田さんはお笑い芸人で、2005年には、同世代の女子高生と漫才コンビを組み、よしもとNSC通信講座を受講していた。

・18歳の時に役者としてもデビューし、愛知県の新喜劇で老婆役として始めて舞台に立つ。

・その劇団で知り合った劇団員と漫才コンビを組んで五年間活動。

・23歳の時に上京し、ピン芸人として活動し、過激な下ネタやパフォーマンスを行うようになった。

・一方、幽霊役などホラー系の役者として活動する道を模索し、2019年に地縛霊役で短編ホラー映画に出演しデビュー。

・アロマテラピー検定1級やアロマテラピーアドバイザープロフェッショナル資格といった資格を複数所持。

・趣味はポールダンスや動画編集で、特技はクレーム対応であるなど、苦労の形跡が見られる部分も。

・2020年に、モト冬樹さんやU字工事さんが所属する「株式会社デューズ」へと入る。

・R-1グランプリには確認できている限りで二度出場しているが、いずれも二回戦敗退。

・ミカヅキ上田さんの本名は「上田唯」で、プロフィール覧にも書いてあることから確定。

・幽霊専門女優としての名義は「上田ゆい子」。

・ミカヅキ上田さんの年齢は34歳(2022年11月現在)

・ミカヅキ上田さんの身長は163cmで体重は59kg前後。

・ミカヅキ上田さんの出身高校は公表されていない。

・小中高と壮絶なイジメを受けていたことから、今後も公表することはないと思われる。

・ミカヅキ上田さんは大学には進学していないことを本人が証言している。

・ミカヅキ上田さんの格闘技歴は、2022年7月17日(日)に開催されたBreakingDown5時点で、柔道歴7年とプロレス歴4ヵ月。

・柔道は中学から高校にかけて部活動として取り組んでおり、三重県の市内大会で準優勝経験がある。

・一方、段位自体は「段」ではなく一級であり、いわゆる「黒帯」ではない。

などが挙げられます。

ミカヅキ上田さんは、自分自身でも仰っているように、決して売れている芸人ではなく、その半生も明るいものではありません。

正直に言ってしまうと、調べていて暗くなるような話題ばかりが目立つ印象で、「笑える」「笑顔になれる」ような要素が少ないことは否定できないように思えました。

しかし、実はミカヅキ上田さんには彼氏さんがおり、さらに言えば試合時には険悪だった土木ネキこと坂本瑠華さんとも仲直りをしていました。

例え学生時代に凄惨なイジメを受けていても、その後に飛び込んだお笑いの世界で辛い現実に行きあたろうとも、未来を明るくすることはできます。

「三十四歳からでも人生始めるの遅くないことを証明したい」と言うことを、ミカヅキ上田さんはこれからの自分の活動の中で証明をしていくことになるのでしょう。

そんなミカヅキ上田さんが出場へと意欲を見せるBreakingDown7のオーディションは、今年の12月に開催されます。

BreakingDown6では無念の書類選考落ちとなってしまいましたが、果たして「BreakingDown7からでも人生始めるの遅くない」と言わんばかりに、再起はなるのでしょうか。

BreakingDown7に現れるであろう新しいヒーロー、ヒロインの登場が、今から楽しみですね!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 2,943,098 アクセス

-エンターテイメント
-

© 2022 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5