本ページはプロモーションが含まれています

エンターテイメント

藤本悦志(安芸高田市)の年齢などのプロフィール!出身高校や大学に出馬の経緯も網羅

https://haruhaya0829.com/

今回は広島県の安芸高田市の次期市長選に出馬表明をしている『藤本悦志』さんを紹介いたします。
藤本氏は大学卒業後、役場や郵便局局長を務めてきましたが、2024年の安芸高田市の市長選に出馬することを決めました。
藤本氏は市政に対し、前向きな対話と議論と行える議会を作りたいというものがあるそうです。
その背景には現在の安芸高田市の議会における、現市長と議会最大派閥「清志会」との対立があります。
その対立はなかなか根強く、お互いが和解し合えるようになるにはなかなか大変な様子かと思われます。
そしてどうやら藤本氏は「清志会」の後押しを受けての出馬という噂があります。
そのような現状の中、次期市長選に臨む藤本氏についてお話していきます。
この記事では以下のことがわかります。

ポイント

・藤本悦志(安芸高田市)の年齢などのプロフィール!
・藤本悦志(安芸高田市)の!出身高校や大学
・藤本悦志(安芸高田市)の出馬の経緯も網羅

それではさっそくいってみましょう。

<スポンサーリンク>

藤本悦志(安芸高田市)の年齢などのプロフィール!

プロフィール

・名前:藤本悦志(ふじもとえつし)
・生年月日:1971年または1972年生まれ。
・年齢: 53歳(2024年3月時点)
・出身:広島県安芸高田市
・経歴
1994年4月:旧高宮町役場に勤務
2001年6月:安芸高田市川根郵便局長として勤務
2018年10月:吉田郵便局長として勤務
2023年10月:日本郵便を退社
2023年11月:2024年安芸高田市長選に無所属で出馬表明

1994年に大学を卒業後、地元の広島県旧高宮町役場で勤務をし、その後郵便局へ転職、川根郵便局・吉田郵便局の局長まで勤められました。
郵便局局長という安定した職を辞してまで安芸高田市市長選に出馬すること対して、家族は大反対されていたそうです。
藤本氏は既婚者であり、医療系の専門学校を卒業した娘がいます。
家族の反対は現在も継続中なのか情報はありませんが、市長選出馬の意向から応援されているのではないかと思われます。

<スポンサーリンク>

藤本悦志(安芸高田市)の出身高校や大学

https://haruhaya0829.com/

・出身高校:広島新庄高校
・出身大学:桃山学院大学 社会学部社会学科
広島新庄高校は偏差値56~65の私立の学校であり、広島県の私立高校では7番目の上位校です。
高校時代は生徒会長をしていたということで、当時からリーダーシップを発揮できる人であったかと思います。
また高校時代より面倒見の良い性格でもあったため、それが社会人になったからも活かされ、郵便局長時代、地元の農地約10haを預かり、兼業で耕作していたそうです。10haとは、かなりの広さだそうです。
桃山学院大学は大阪府和泉市にあり、偏差値40~42.5の大学です。
大学偏差値になると高校偏差値よりお10以上下がるので、学力相応の大学であったかと言えます。
社会学部は少子高齢化やグローバル社会、環境問題等、名称通り社会の動向に関して学ぶ学部です。
地域のリーダーとして力を発揮したいという思いは、大学で学んできた素地があったからかもしれません。

<スポンサーリンク>

藤本悦志(安芸高田市)の出馬の経緯も網羅

https://haruhaya0829.com/

藤本氏は市長選出馬を決意し、2023年10月に日本郵政を退職しました。
安定した郵政の職をやめることに対して、家族は猛反対だったようですね。
ですが友人や知人からの応援もあり、出馬の決意をされたとのことです。

藤本氏はこんなことを言っております。
「市議会と市長との状況。安芸高田市民のために、どうすればいいのかということを、しっかり対話と議論をして、方向を出していく行政に持っていきたい」
現在の安芸高田市の議会は、現市長の石丸伸二氏と議会の最大会派である「清志会」との対立が激化しています。
議会の様子を見ると、石丸市長の叱責や清志会の議員の答弁拒否など、前向きな話し合いがなされているとは言えない状況のようです。

安芸高田市の議会対立はこちら↓

)

この状況を見ると、市政を前向きなものにしたいという石丸市長と、清志会をはじめ、古いしきたりの中でぬるま湯につかっていた議会との争いが根深いものであると感じられます。
今回の藤本氏の市長選出馬はこの「清志会」の後押しがあるという噂があります。
ちなみに藤本氏は清志会とつながっているという情報は明らかになっておりません。
藤本氏は「対話を重視して温かいまちをつくりたいとし、子育て世代への施策や高齢者が活躍できるような施策などに取り組みたい」とも語っていますが、清志会の後押しが本当だとすると、市政を変えようと奮闘していた石丸市長の意向と反して、もとの議会に戻ってしまうのではないかという懸念が否めません。

安定した職を辞してまで、安芸高田市の市民のために力を尽くしていきたいという藤本悦志氏、その思いが果たして実現されるのか、今後も注目が集まっていくものだと思います。

<スポンサーリンク>

まとめ

ここまで藤本悦志さんについて紹介していきました。
それでは情報をまとめていきます。

・名前:藤本悦志(ふじもとえつし)
・生年月日:1971年または1972年生まれ。
・年齢: 53歳(2024年3月時点)
・出身:広島県安芸高田市
・経歴
1994年4月:旧高宮町役場に勤務
2001年6月:安芸高田市川根郵便局長として勤務
2018年10月:吉田郵便局長として勤務
2023年10月:日本郵便を退社
2023年11月:2024年安芸高田市長選に無所属で出馬表明

安定した職を辞してまで市長選に出馬したいという藤本氏の決意は並々ならぬものであると推察されます。
今の現市長と議会派閥との対立は市民に何も利益を生まない、自分が何とかしなければ、という思いがあるのでしょうか。
高校時代の生徒会長の経験や、役場での勤務、郵便局長など、藤本氏のこれまでの経歴から察するに、持ち前のリーダーシップと面倒見の良さが、市長選出馬につながっているかと思います。
議会の最大会派の清志会とのつながりは明確になっていませんが、今後の藤本氏の動きや情報から目が離せないですね。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 5,221,011 アクセス

-エンターテイメント

© 2024 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5