お役立ち

モスバーガー真鯛カツの販売期間はいつまで?カロリーや口コミ評判を紹介します!

日本の生産者応援を応援するということで、日本の生産地応援バーガーを発売。

今や世界中で新しい生活を余技なくされ、様々な業種であえいでいる状況。

そんな中、モスバーガーさんがやってくれます。

なんと出荷量が落ち込んだ愛媛県愛南町で養殖された真鯛を使用した日本の生産地応援バーガー真鯛カツを販売します。

ということで、この記事では日本の生産地応援バーガー真鯛カツの販売期間がいつまでなのか?口コミやカロリーを紹介します。

<スポンサーリンク>


日本の生産地応援バーガー真鯛カツとは?

愛媛県愛南町で養殖された真鯛を使用した日本の生産地応援バーガー真鯛カツ。

真鯛カツは2枚も使用されているようなんですが、
魚のカツって食べたことないんですよね。

鯛だとやはり塩焼き、お刺身、煮つけだと思うんですね。
あっ、天ぷらもあったな・・・・。

 

愛南町の水揚げされた真鯛は刺身に使われるほど、
身が引き締まっているそうなんので、刺身だと相当コリコリしてる触感ですよね~♪

鯛をはじめ魚のを天ぷらにすると非常にフワフワの触感になるので、
是非とも練り物状のカツはやめてほしいですね。

画像を見るかぎりガツンと塊をゴロンと揚げているようです。

記事によると真鯛はモスバーガーの店舗で揚げるので、ふわふわな食感になっているそうです。

当然のことながらフライなので、バンズに挟むのも千切りキャベツ、グリーンリーフと抜かりはありません。

そしてそこに、モスオリジナルのレモンタルタルソースをかけるというまさにパーフェクトな仕上がり。

これ、食べない理由あります??

お値段は、衝撃の530円(税込み)

安いと思うのか、高いと思うのかあなた次第です!!

日本の生産地応援バーガー真鯛カツの販売期間はいつまで?

さて、肝心な販売期間の情報に移りたいと思います。

発売開始は、2021年5月20日(木)からとなっています。

うーん、いつまでか調べましたが、
無人蔵
今回はあくまでも数量限定販売の為
なくなり次第終了ですね。

要は早いもの勝ちってことですwww

できれば販売日当日がのぞましいよね♪

日本の生産地応援バーガー真鯛カツ売り切れで再販はいつ?

今回の日本の生産地応援バーガー真鯛カツは数量限定商品です。

秒速で売り切れた場合、再販はいつからあるのでしょうか?

記事を読む限り、無くなり次第終了すると発表されていますので、
再販はいつあるかはわかっていません。

ただ、愛南町の真鯛は個人向けの販売を行っているほど、
出荷量が落ち込んでいるため、
可能性ないこともないでしょう。

もしかしたら、某ハンバーガチェーンのようにレギュラー化するかもしれませんしね。

すぐには再販はなくても第2弾として生産地応援バーガー真鯛カツ復活があるかもしれませんよ

<スポンサーリンク>


日本の生産地応援バーガー真鯛カツのカロリーは?

いまのところ販売されていないので、不明です。

わかり次第ここの部分は、追記していきたいと思います。

しばらくお待ちくださいね。

ちなみにモスフィッシュバーガーは385キロカロリー。

さすがにそれよりは高いと思うので、500キロカロリー前後か?

知らんけどw

日本の生産地応援バーガー真鯛カツの口コミや評判は?

みなさん、期待しかないですよねwww

そりゃあ、これだけの鯛カツがはいってれば

否応なしに期待がたかまります!

<スポンサーリンク>


日本の生産地応援バーガー真鯛カツの販売はいつまでのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の真鯛カツって秒速で売り切れる可能性が非常に高いので、即購入しにいかないとですね。

もしかしたら、もう二度と食べれることがないかもしれない商品なので、後悔のないようにだけはしたいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

<スポンサーリンク>

ブログ統計情報

  • 571,435 アクセス

-お役立ち

© 2021 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5