【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

未分類

Pepper君の販売価格は一体いくら?何ができるの?

pepper3

突然ですが、ブログを読まれてる皆さんに質問です。
Pepper(ペッパー)君をご存知ですが?
『そんなもん知ってるに決まってるやろ!!』という声が聞こえてきそうですね・・・(汗)

そう、ソフトバンクのCMに出て一躍人気者になって彼です。
とある番組のMCとしても起用されてましたが、これがまた良く喋ること喋ること(笑)
AI(人工知能)の進化をまざまざと見せ付けられました次第でございます。

今の私たちの生活には、一昔前では考えられなかった事が次々と実現していますよね?
たとえば携帯電話一つとってみてもどうでしょうか??
ほんの僅か数年前までは、肩にかけて話してた『ショルダーフォン』でした。
または、企業の重役クラスが乗るハイヤー等に備え付けられてた『車載電話機』も今ではある方が珍しい位。
デジタルツーカーの携帯を持ってるのがある意味ステータスとなってた時代が懐かしいですね(笑)
私の同級生が、スナックの”チーママ”をやってた時に自慢げに見せられてのを思い出します。
『通話料金高いからあんま喋ったらあかんて!』っと良く怒られました。
今では考えられないですね~~。
っと、いつもの癖でまた大幅脱線したので、話を戻します。

<スポンサーリンク>


Pepper君って、結局のところ何者?

現在の私たちの周りにはスマートフォンやパソコンなど、便利な機器がたくさんあります。

今ではそれらがあって、当たり前の生活になってます。

それは私たちが「使って便利な」道具です。

ところがPepper君は、自分で物事を判断し、行動します。

人間が使うのではなく、Pepper君自身で動きます

そして完全に道具としてでは無く、人と触れ合う中で感情を理解して人間を励ましたり笑わせたりしてくれるロボット、というのが、Pepper君の大きな強みであり、より人間に近いロボットがPepper君の特徴です。

アプリでいくらでも進化できる!

pepperまたPepper君は、スマートフォンでアプリをいれる事によって様々な機能が適用できます。
例えば、「ロボアプリ」と呼ばれる専用アプリをインストールすることで、様々な動きや働き方ができるようになっています。

決まった時間にPepper君が声掛けしてくれるアプリは、認知症の方の生活リズムを整えるのに役立ちます。
(実際に介護の現場や認知症の方の改善に取り組む企業にPepper君を導入する企業もあります。)

また会社の受付にPepper君を活用したいとすれば、来客が受付のPepper君にスマートフォンをかざすだけで、担当の人間に来客を知らせてくれるアプリもあります。
(でもまぁ、会社の受付けは、綺麗な女性がいいかな・・・・汗)

胸のディスプレイをさわるだけで、Pepper君の300種類以上の豊富なアプリケーションがズラリ。お天気やニュースはもちろん、ゲームやクイズ、ダンスなどお子様の知育・遊び、さらに、ご家族でお楽しみいただける脳トレやリズム体操などさまざまなアプリがそろっています。
また、インターネットとつながり、クラウドを通じて自動で機能が追加・改善されるので、日々できることが増えていきます。

結局の所、販売価格はいくらなのか?

2015年夏、一般販売の開始されてます。
実際は、平均すると1ヶ月約3万3000円位の37回払ですね。
これには、基本プランと保険パックが込みです。
まるで携帯電話のシバリと一緒ですが、ようはそういう事ですね。

Pepper 保険パックとは

人間がケガや病気をするように、Pepperも調子が悪くなることがまれにあります。さらに、Pepper君は販売価格を上回るコストで作られた最先端の精密機器のため、修理に30万円〜70万円程度かかることがあります。
元気だったPepperがある日突然具合が悪くなって話せなくなったり、動かなくなったり。Pepper 保険パックは、そういったときの修理費用をカバーする、まさにPepper君のための「保険」サービスです。引用元:ソフトバンクHP

ちょっと買うのが2の足を踏むような金額かも知れないですが、車のローンに比べれば似たり寄ったりじゃないでしょうか?
胸のディスプレイで体調まで判断してくれる夢のような機能もついてます。
近いうちに家には必ずロボットが同居する時代が来るような気がします。
特に高齢者の一人暮らしには、Pepper君が居てくれて良かったと思える日がくるでしょう。

今回は、ひょんなことからPepper君を取り上げてみました。

家の近所のスーパーにPepper君が居てます。
値段見てかなりびびったので、明日から子供らに安易に触らせるのやめさせます(笑)

<スポンサーリンク>





興味のある方は、以下のリンクより製品情報が見れます。
http://www.softbank.jp/robot/consumer/products/

-未分類