【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

暦本純一のIoAや 経歴がすごい!年齢や結婚についても調査!

2017/03/09




はい、こんにちわ!

今回は、すごいテクノロジーを使った研究をされてる暦本純一さんをご紹介♪


CrossRoad TV東京

2017年3月4日(土)放送
暦本純一(れきもと・じゅんいち)

【番組内容】

かつて「サイボーグ009」に心躍らせていた少年は、いま人類の能力を拡張させることに没頭している。コンピューターサイエンティスト、暦本純一(55歳)。
あらゆるものがインターネットでつながるIoT時代、暦本はその先にあると注目されるIoA(Internet of Abilities)研究の先駆者として注目される研究者だ。彼にかかれば“テレポーテーション”や“空中遊泳”など、コンピューターの力を使ってSFの世界が現実に!?人間の視覚が、跳躍力が、知力が、驚くべき進化を見せていく。
「今から見て新しいことをしているのではなく、未来から見て普通のことをしている」と話す暦本純一が描く未来の姿とは?


 

今回はコンピューターサイエンティストの暦本純一さんについて調べていきたいと思います!

東京大学大学院 情報学環教授の暦本純一さんは、あらゆるものがインターネットでつながる世界のその先に

IoA(Internet of Abilities)という世界の研究の先駆者として最も注目される研究者です。

 

暦本純一さんにかかれば“テレポーテーション”“空中遊泳”など、コンピューターの力を使ってSFの世界が現実出来るという

「今から見て新しいことをしているのではなく、未来から見て普通のことをしている」

とはどういう事なのでしょう?一瞬?になりましたが、

結局のところ、『未来は今の自分がつくっている』と言う事に落ち着きました(汗)

では、暦本純一さんについて調査していきたいと思います!

暦本純一さんプロフィールと略歴


名前:暦本純一(れきもと じゅんいち)
年齢:55歳
職業:東京大学大学院情報学環 教授
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長

少年時代は「サイボーグ009」に心躍らせ夢見ていた暦本さんは、

いま人類の能力を拡張させることを研究しているコンピューターサイエンティストです。

1986年 東京工業大学理学部情報科学科修士過程修了。
1994年より株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所に勤務。
1999年よりソニーコンピュータサイエンス研究所 インタラクションラボラトリー室長。
2007年より東京大学大学院情報学環教授 (兼 ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)。

<スポンサーリンク>


IoA(Internet of Abilities)とは

「IOA」は、人の能力がネットとつながる(能力のネットワーク化)ことによって、より能力(アビリティー)を発揮する機会が広がっていくことととらえることが出来ます。

IOAの具体的な技術としては、例えば、身につけたゴーグルに映し出される光景を見ながら、遠く離れた建設現場の機会を遠隔

操作したり、部屋の中から農作業を操作したりすることが可能です。

当然の事ながら、軍事目的も可能ですよね・・・・。

例えば東京から地方にある工場での組み立て作業を操作したりするような遠隔臨場感(テレイグジスタンス)という技術があるそうです。

暦本氏によると「ネットにつながることによって人間の能力が拡張するIoA(Internet of Abilities)の時代が到来する」と語っています。

テレポーテーション

3次元再構成という技術を使って複数の空間そのものをつなぐことによって、1人目の頭から見ている映像から飛び出して、別の空間に入り込むことや、そこで自由に動き回ることもできます。

<スポンサーリンク>


空中遊泳

人間の能力を拡張する研究により、人間がドローンになりきるためのテレプレゼンスシステム。

ドローンの視点で今まさに自分が歩いている姿を見ることができます。

ドローンに人間が入り込んでジャックする、という状況を私たちは「ジャックイン」というそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、暦本純一「IoT」モノのインターネット、「IOA」人の能力がネットとつながるということでしたが、私にはちょっと難しかったです。

いずれにしても、インターネットを利用して驚くほど進化しているんだ!っていうことなんですね!

まるで、アニメ甲殻機動隊(実写版も公開されます)ですよね。

暦本純一のよると「これはサイバースペースで電脳空間に突入(接続)するときに使われたものだが、電子的な世界だけでなく、ドローンだったり、他の人間だったり、自分たちの感覚が他のモノに乗り移れるかもしれない」と熱弁する。

もうまんま、甲殻機動隊ですね(汗)

このインターネット技術の革新は楽しみでもありますが、電脳の世界についていけるのか心配になります。

ネット社会の革新で、今後訪れる未来が明るい物になる、ならないか?

今はまだ答えがでませんが、素晴らしい未来になる事を願います♪

それでは、また!!

<スポンサーリンク>


-TV・ドキュメンタリー