【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

芸能

川口克己(ガンプラ)は伍代夏子の同級生?経歴と年収に学歴も調査

出典:https://www.google.co.jp





みなさんこんにちわ!

本日は、以下の番組出演される伍代夏子さんのことを調査します。

それと同時に番組内でどうやら昔の同級生に会いたくなって再開して
もらうのが趣旨なので、伍代夏子さんが会いたくなった同級生も調査します。

あいつ今何してる? 紅白歌合戦22回出場歌手・伍代夏子&歌舞伎俳優・尾上松也

【番組内容】

伍代夏子の同級生…ある業界で“名人"と呼ばれる超大物に!?

▽東京都渋谷区出身・伍代夏子の同級生…“英語の発音がすごい!"

同級生はプラモデル界の超大物!?

あの人気漫画にも登場&世界大会の審査委員長!想像以上の大物ぶりにスタジオ騒然!!

さらに、同級生39年ぶりの大集合で伍代の意外な学生時代が明らかに!!

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/27655813/

 

<スポンサーリンク>


伍代 夏子(ゴダイナツコ)さんのプロフィールです♪

出典:https://www.google.co.jp

伍代 夏子(ゴダイナツコ)

  • 生年月日1961年12月18日 (55歳)
  • 出身地:東京都渋谷区
  • 身長160 cm
  • 本名:山田 輝美
  • 職業 演歌歌手
  • 夫は、杉良太郎

引用元:Wikipedia

1987年に26歳で伍代夏子として歌手デビューし昨年には芸能活動30周年を迎えました。

実家は鮮魚店で、朝早くから働く両親を見て、楽をしてもらいたいと歌手を目指すようになり、

「3~4歳のころから演歌歌手になるものだと思っていた」という。

同級生は親の後を継いで地元で商売を続けている人が多いそうだが、卒業アルバムを見ながら、

伍代さんが「会いたい」と名前を挙げたのは、中学校時代の同級生。

英語の発音がうまく、しかも声が低音のバリトンボイスの持ち主で、彼の声を聞くと居眠りするほど気持ち良かったという

他の同級生男子によると、「同級生で儲かっているのは、おまえ(伍代)とアイツしかいない」と言われるくらい成功している人物らしい。

中学卒業以来会っていなかったその同級生の男子とVTRでの再会を果たす。

実はその同級生の男子は、伍代さんの想像を超えた有名人だったことが判明。

<スポンサーリンク>


伍代 夏子の同級生は、ガンプラ名人!!川口克己さんの経歴です!

出典:https://www.google.co.jp

 

川口克己

【経歴】

生年月日 1961年12月10日生 (現在55才)

学歴   法政大学経営学部 経営学科

職歴   1985年にバンダイ入社。

法政大学生時代に小田雅弘さん、高橋昌也さんと一緒にモデラーの集団「ストリームベース」というグループを結成されました。

そして、この時(1979年)に「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツの模型をフルスクラッチで作り、模型雑誌の老舗

「月刊ホビージャパン」などに掲載されることで有名になられてます。

 

当時は、まだガンダムプラモデルというものは存在しておらず、川口克己さん達「ストリームベース」

作成した模型がとても大きな反響をよんでます。

そして、1980年7月にガンダムプラモデル(通称ガンプラ)が発売されました。

これはおそらく川口克己さん達のプラモデル魂の反響を受けての発売かと思われます。

つまり、川口克己さんは、ガンダムのプラモデルでの第一人者といってもい過言ではないでしょうね。

 

その後、ガンダムのプラモデル(通称ガンプラ)の一大ブームを起こしたましたよね♪

いまだに脈々と受け継がれている”ガンプラ”もホント長いです。

ガンプラの発売後は雑誌掲載の模型を作るだけではなく、コミックボンボン誌(講談社)掲載のガンプラ漫画『プラモ狂四郎』のアイデア提供や、

プラモデル企画「モビルスーツバリエーション」といったガンプラブームそのものを盛り上げる活動に参加されています。

『狂四郎』の作中では主人公を導く凄腕モデラー「ストリームベース」の一員として他の2名と共に実名で登場してようです。

筆者は、この『プラモ狂四郎』が大好きで、漫画もかなり読んでいましたね~。

ですが、

「ストリームベース」の事が、全く記憶にございません(汗)

当時のインタビュー記事にると、特別扱いではなく他の一般社員と同様に通常の入社試験を受け、

学生の間では「バンダイはマニアは採らない」という噂があったため

面接でもストリームベース時代のことは話題に出さなかったそうです。

1986年の『機動戦士ガンダムΖΖ』ガンダムとして3作品目から社員としてガンプラ開発に関わり始めたとのことです。

1990年代のマスターグレードの頃から、バンダイ側のガンプラ企画責任者として模型雑誌等で露出するようになったそうです。

たしかに川口さんが、ガンプラに携わるようになってから、ユーザービィリィティが良くなったように思います。

引用元:Wikipedia

川口さんの年収はいくら位なのか?

川口克己(ガンプラ)さんの年収についても調べてみました。

やはり川口克己さんご自身の具体的な年収は、わからないですね・・・・・。

ただバンダイナムコの平均年収はわかりました♪

バンダイナムコの平成27年度の社員の平均年収は1174万円でしたね。

あくまで平均なので、実際はもう少し色がついていると思います(笑)

でも凄いですよね。

趣味がそのまま仕事になって今のバンダイを支えてるといっても過言ではないですもんね。

最後に

これだけ世間に浸透している「ガンプラ」。

プラモ狂四郎にも出ていたという事実。

ビルドファイターズも出ていただなんて、ほんと嫌になるくらい覚えてませんね(汗)

まさか、伍代夏子さんの同級生だとは夢にも思いませんでしたし。

今後も素晴らしい活躍をお二人に願いまして締めにしたいと思います。

<スポンサーリンク>


-芸能