TV・ドラマ

小山薫堂(こやまくんどう)結婚して嫁子供が?現在離婚して独身 ?




みなさんこんにちわ!

今晩に「嵐にしやがれ!!」のゲスト出演されるのは、

放送作家小山薫堂(こやまくんどう)さんです。

レギュラー放送:土曜 22時00分~22時54分

 

私も好きで毎回欠かさずみていますが、

今回のゲストは、くまモンなどのゆるキャラの生みの親、

「おくりびと」を手掛けた放送作家の小山薫堂(こやまくんどう)さんです。

 

過去の記録を見ると、放送作家としての小山薫堂さんの活動が非常に気になるところですが、、、(汗)

今回は、など多彩な肩書を持っているという事で、色々調査していきます。

<スポンサーリンク>


小山薫堂さんのプロフィールです

本名     小山 薫堂
別名     うどん熊奴
誕生日     1964年6月23日(52歳)
出身地     熊本県天草市(旧本渡市)
主な作品
テレビドラマ     『東京ワンダーホテル』
映画     『おくりびと』
受賞 日本アカデミー賞・読売文学賞

小山薫堂さん(こやまくんどう)って本名だったんですね・・・・。

別名がまた、なんていうでしょうか、お茶目ですよね。

名前を逆に読ませるなんて・・・・・・(笑)

すごく変わった名前だったので、てっきり芸名かとばかり思っていました・・・・・。

熊本出身の小山薫堂さんですが、学生時代を天草市立本渡中学校、

熊本マリスト学園高等学校、そして、日本大学藝術学部放送学科で

過ごしています。

 

普通は志望校=行きたい学校という理由で受験するのが普通だと思うのですが、
大学受験をする事でついでに『各地の色々なホテルに宿泊したかったから』という理由で、

日本各地の私立大学を受けたのが、小山薫堂さんらしい理由だと感じました。

その中で、最終的に日本大学藝術学部に合格したそうです。

ですが、ここにもひとつドラマがあったようです。

 

受験する際に誘ってくれてた友達は、

”落ちる”

というオマケつきだったようです。

 

これは、笑えないエピソードですよねw

 

大学時代、先輩に誘われて文化放送でADをしたのがきっかけで、

放送作家の業界に入っています。

 

この頃の経験や身につけたスキルで、その後放送作家以外にも、

TVドラマ・映画脚本や小説の執筆、作詞、プロモーション企画の立案など

多方面で活躍をされています。

やっぱりそう考えると、大学時代の経験というのは重要ですよね♪

<スポンサーリンク>


小山薫堂さんの職業・放送作家って儲かるの?結婚は?

知らない業界や職業だと、ついつい気になるのが収入ではありませんか?

AKBプロデューサーの秋元康さんも、

放送作家なのですごく稼いでいるイメージがありますが、

収入は人それぞれのようです。
(当たり前か・・・・。)

 

普通のサラリーマンからしたら十分に稼いでいるようですが、

フリーランスとしての立場で行うには収入がおぼつかない危険性がありますよね。

 

小山薫堂さん自身も「放送作家の報酬基準は曖昧。」と過去に話されています。

そんな不安定な業界の中で生き残り、

あの情熱大陸のスタッフが「これほど多忙な男がいるだろうか?」

というほど忙しい毎日を送り、放送作家・脚本家以上に、多岐にわたる仕事、

企業や官公庁などなど幅広くかかわっているみたいですね・・・・。

 

ファッションから生き方まで、幅広い仕事をこなしている小山薫堂さん。

収入は一般的な放送作家の収入とは、比べ物にならないくらい多いのではないか?

というのは、こなしている仕事量からも容易に想像ができると思います。

 

そんなハイスペックな小山薫堂(こやまくんどう)さんですが、

当然のことながら結婚されております。

もちろんお子さんもいる様子です。

 

一時期フリーアナウンサーの草野満代さんと噂になったようですが・・・・・・。

<スポンサーリンク>



結局その後もどうということも無く、うやむやのままに。

最後に

『嵐にしやがれ』

レギュラー放送:土曜 22時00分~22時54分

に出られる方なのに、気になって経歴調べたら凄い人だったので驚きです。

それでは、また!!

<スポンサーリンク>




-TV・ドラマ

© 2020 【THE WORLD】 Powered by AFFINGER5