【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

中村浩介(農学博士)経歴とプロフィールは?結婚して子供も?

出典:https://www.google.co.jp





みなさん、こんにちわ!

今回ご紹介させて頂くのは、この方です。

クロスロード【農学博士/中村浩介】
2017年3月18日(土)  22時30分~23時00分 

7500種に及ぶトマトの特徴を把握し新しい品種を開発する農学博士・中村浩介に密着。

トマトの主要生産地・ポルトガルを拠点に、各地で大規模栽培のトマト畑を開拓している。

ポルトガルでは農業ICTを活用して効率的なトマト栽培を実践。

そんな中村が今取り組んでいるのが西アフリカ・セネガルにトマト畑を作るプロジェクト。

トマト未開拓の地で、セネガル人とともにトマト畑を一から作っている。

文化や気質の違いから、なかなか思うように進まないことも多いが、今年はサプライズが待っていた。

異文化の土地で未来のトマト畑を夢見て奮闘する中村の姿を追う。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/official/crossroad/

<スポンサーリンク>


農学博士 中村浩介さんの経歴です。

中村浩介

カゴメアグリビジネス研究開発センター  農学博士

2001年にカゴメに入社  研究開発部門を歩む。

当初は栃木県那須にある研究開発本部に勤務。

現在はリスボン郊外、カゴメ傘下のトマト加工工場

「イタラグロ」内の事務所に勤務。

中村博士の学歴ですが、カゴメ株式会社のサイトに

自然科学研究科 生物環境制御学専攻・修士卒

となっていますね。

ですが、どこの大学かまでは調査しきれなかったです。

今回は、ちょっと情報がで少ないですね・・・・(汗)

生年月日はですが、現在40歳ということですので

1976年ごろの生まれなんじゃないかと思います

筆者も1976年生まれなんで同じ歳ですね。

<スポンサーリンク>


農業ICTって何?

・栽培環境を改善

・作業工程を効率化

・収穫・出荷期を予測

・天候を予知して対策

・トレーサビリティに向けた情報提供

上記の情報を集約して活用ができるようになる仕組み全体を、「農業ICT」と呼んでいます。

これらの計測して蓄積されたデータを「ビッグデータ」(農業)と呼ぶそうです。

なんでも情報化社会ですね・・・・・(汗)

数字は、嘘をつきませんもんね・・・・・。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、結婚して子供もいるかどうかも、まったく情報がでてこなかったですね。

 

7500種類に及ぶトマトの特徴を把握し、新しい品種を開発する農学博士・中村浩介さん

トマトの主要生産地・ポルトガルを拠点に、世界各地で大規模栽培のトマト畑を開拓しているそうです。

世界を股にかけて、仕事をする。

すばらしい仕事だと思いますね!!

しかも7500種類ものトマトを覚えてるなんて、凄すぎです(汗)

世界をまたに駆ける、中村博士の今後の活躍をお祈りして締めにしたいと思います。

では、また!!

<スポンサーリンク>


 

-TV・ドキュメンタリー