【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

芸能・LDH

EXILEが所属する事務所LDHの不始末で 紅白落選か?

2016/11/13

ldh

EXILE三代目JsoulBrothersE-girls等の所属するアーティストらが軒並み年末の一大イベントである紅白歌合戦の出場が危ぶまれ、様々な噂が囁かれています。

レコード大賞の1件で裏金疑惑の渦中にあるLDHですが、業界内ではかなり波紋を広げているようです。
紅白歌合戦に出場出来る歌手の数は、初めから決まっています。
EXILE、三代目JsoulBrothers、E-girls等の出場は、既に決まっていたようですが、裏金の一件で出場を見送られる可能性が非常に高いようです。

変わりにココの空きそうな枠には、別のアーティストが込みこまれる予定だとか・・・・(汗)

<スポンサーリンク>


買収は何故バレたのか?

レコード大賞や芸能界に対して絶大な権力を持つ”芸能界ドン防郁雄社長のバーニングプロダクションからレコード大賞
を獲得した3代目Jsoulbrothersの所属するLDHに対して週刊文春によって不正をすっぱ抜かれたのは、まだ記憶に新しいところです。

その時に動いた金額が、なんと『1億円800万』となっているから穏やかじゃありません。
『プロモーション業務委託費』として請求書が回っているとのことで、”証拠写真”と思われる写真が掲載されてました。
それがいわゆる”買収”をした動かぬ証拠として取り上げられ、業界内を震撼させる要因となってしまったのです。

もっかのところ、バーニングプロダクション、LDHでは、請求書を外部に流出させたのは犯人は誰なのか?
また、レコード大賞関連についてコメントした人の調査などをしているとのこと。
噂が噂を呼び、こういうときは全ての人を疑いたくなるものですが、疑われたほうはたまったもんじゃないですよね(笑)
『リークしたのは、やつだ!』とか、『LDH側からの流出としか考えられない』とか様々な憶測が飛んでいるようです。

ただひとつだけ言えることは、今回の【週刊文春】の報道で、業界内での”裏話”が完全に表に出てしまった形となっている。
今回のこの報道の記事で喰らいついた新聞社もあった。

まさかの朝日新聞の登場である。(東スポや夕刊フジじゃない・・・・汗)

11月4日の朝刊でレコード大賞について、「万人が納得するヒット曲がなかなか出ない昨今、その意義も問われ始めている」と厳しい論調。
また、「審査について、70年代に受賞したある歌手は『レコードは売れていたが、事務所の力は感じた』と話す。取材に対し、審査委員への接待持ちかけを認める芸能事務所もある」としている。

 

全国紙の中でレコード大賞の審査委員には、読売新聞産経新聞毎日新聞は審査委員がいるが、朝日にはいないので、読者に問題提起する気になったのではないかという声も聞かれる。

 

「審査委員のいる各スポーツ紙や一般紙、さらには、テレビ各局の情報番組はまったく後追いしていないが、審査委員に対する接待攻勢および、バーニングの意向が大賞選びに大いに関係しているとなると、シャレにならない話。特に、公共放送のNHKにとっては、受信料をもらっている視聴者がいる手前、この話題をスルーできない」(前出関係者)

それで、どう考えてもの影響を受けそうなのが、年末の『紅白歌合戦』への出場歌手選出ですよね~~??

渦中の三代目は11月になって、ようやく今年初シングルを発売した限り。

EXILEはボーカル・ATSUSHIが無期限の海外留学を発表するなど活動がままならないだけに、2組とも落選に遭う可能性もありそう。同じ事務所のE-girlsヒット曲がなく、歌手別視聴率が高いわけではないので特に出す理由も必要性もない。個人的には、出場ときくと『えっ?』となる事が少しはなくなりそうです。

今年はどうやら演歌枠がかなりの激戦のようそうを呈しているで、LDHの3枠に、そのまま演歌歌手が入ることになりそう。

今月末にも出場歌手が発表される予定ですが、かなりサプライズな結果になる事を期待してます!

<スポンサーリンク>





-芸能・LDH