【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

芸能・LDH

EXILEの所属事務所【LDH】はパワハラが日常のブラック企業か?

images

EXILEのリーダーであるHIROさんが年内を持ってEXILEや三代目JsoulBrothersらが所属する芸能事務所LDHの社長を退任

LDHは今年に入ってスキャンダルめいたものが続いています。

今回の退任は、一般的にHIROさんへ被害が及ばないようにするためだと言われています。

皆さんもご存知のとおり、HIROさんはすでにEXILEのパフォーマーを引退されて社長業をされています。

EXILEの前身グループだった”JsoulBrothers”の名を冠した”三代目JsoulBrothers”をEXILEの次に続く人気グループ
に成長させ他の事業も順調に進み正に破竹の勢いといってもの過言ではないといえます。

LDH(LOVE、DREAM、Happines)の頭文字3文字をとって付けられた社名にLDHだが、実際の会社の内情はどうもあまり
聞こえの良くない話が見え隠れしているように思います。

それでは、いつもの様にみていきましょう。


LDHはブラック企業なのか?

それは遡ること今年の7月に報じられたLDHの幹部社員による事務所内のパワハラ騒動で驚かれた方も多いのではないでしょうか。

これを誌面で公表したのが、『ゲス不倫』なる言葉も生まれた『週刊文春』でした。

いわゆる「文春砲」炸裂といったところでしょうか。

ただこのパワハラの内容が余りにもお粗末なかんじです。

たとえば、スマートフォンケースを買いに行かせて、「サイズが気に入らないから土下座しろ!」とか

「ラーメンを10杯食べさせる」、とか「脇の臭いが気になるとワキガの手術をしろっ!やらないと昇格は無しだっ!」と命じ、その社員は、やらなくても良い脇の手術をしたそうです。
ですが今度は術後の痛みに耐え仕事をしていると、「それじゃ仕事にならないから3ヶ月無給で休めっ!」と言われたそうです。
その社員は3ヶ月後に職場に戻りましたが、昇格出来ずにそのまま辞めていったそうです。

これがもし本当の話であれば、常軌を逸している言えます。
まぁこれが憧れて入社した会社であれば、最悪ですよ、ホント。

これが事実ならBLACK企業以外の何者でもありません。



HIROさんは、パワハラの把握してなかった?

しかしながら社長のHIROさんは、このパワハラの実態をほとんど把握してらっしゃらなかったらしく、この報道を受けて激怒されたようです。

程なくしてLDHの副社長は、問題の責任を取って降格処分なっています。

ZOO時代に様々な嫌な思いをしていたHIROさんは、”イジメ”について「絶対にそんな事はしない」と言ってらっしゃったので報道された時は、本当に驚きましたね。

なんでも社内であまりにもHIROさんの存在が大きくなり過ぎてそれ故耳が痛い話が出来なかったのではないか
という声もあるようです。
社長になるとやはりその辺りのバランス感覚も重要ですよね。

さらに「文春」が放った決定打といえば、先日のブログでもお伝えしたレコード大賞をめぐる買収事件も「10月」に追い込みを
かけるようなタイミングで放り込まれた。

ただLDHは買収報道直前にHIROさんが社長退任することを発表、さらにはワールドワイドに展開する構想も発表。
LDHジャパンLDHアメリカLDHアジアLDHヨーロッパの設立する計画だそうです。
そしてLDHワールドを統括するということです。

実際のところパワハラ報道でファンに与えたインパクトは、すごく大きく失望の声も少なくなかった様です。
社長という位置にいるとLDHのスキャンダルなどがあった場合に責任を取らなくてはならない立場になる為、
名声に傷がつかない内に退任するといったところでしょうか。

まとめ

社長の退任後は、LDHワールドクリエイティブディレクターに就任されるいうことです。
また社長とは違う立場からちがう形で業務にたずさわる用です。

LDHも巨大な会社となり、設立初期のような感じではなくなりつつあるのは、ある意味仕方が無いことかも
しれないですね。

日本有線大賞の各賞のエントリーが11月16日に発表されましたが、LDHに所属するアーティストが軒並み
消えるという、ある意味”疑惑”が完全に確信に変わり真っ黒となりました・・・・・。
あまりにも露骨過ぎてもはや笑うしかありません。
残念ながら疑惑は、本物だったと言えそうですね。(汗)

この先のLDHに未来はいったいどうなるのだろうか?
東京五輪でその中心に居たいといっていたHIROさんの願いは、届くのだろうか、それとも夢でおわるだろうか?
この結末の行方を見届けたいと思います。





-芸能・LDH