【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

松本 謙(道の駅)の年収とプロフィールと経歴が凄い!高校と大学も調査!

出典:https://search.yahoo.co.jp



 

みなさん、こんにちわ!

たけさんです。

 

今回は道の駅を再生させた経営者の

松本譲ファーマーズ・フォレスト社長を調査いたします!

 

地方創世といわれている中で

驚きの手法で見事Ⅴ字回復させたその経営手腕が

注目されています。

 

道の駅って

無料で入れる休憩所!

というイメージしかなかったんですが、

道の駅 『うつのみやろまんちっく村』

は一味違うようですw

 

 

2017年に国土交通省が発表したデータによると

全国各地の道の駅の数はなんと

1117駅

道の駅巡りを趣味としている人も年々増加傾向に。

その中にあって断トツの評判のこの道の駅。

調べずにはいられないですよね~w

 

紹介される番組情報は以下になります。

カンブリア宮殿【今一番行きたい道の駅!北関東に客殺到!】

2017年11月23日(木)  22時00分~22時54分

幻の絶品フルーツ直売から感動の地底ツアー&収穫体験まで!

東日本ナンバー1の“進化系”道の駅の全貌!赤字施設から大逆転の秘密!地域創世の切り札“地方商社”とは?

<番組内容>
栃木県宇都宮市にある「道の駅うつのみやろまんちっく村」。
広大な敷地の中には、農産物直売所や、体験農場、ドッグラン、温泉などが立ち並び、
年間140万人が訪れる。
運営しているのはこの敷地内に本社を置くファーマーズ・フォレスト。
同社は道の駅の運営にとどまらず、様々な領域にビジネスのフィールドを広げている。
地方創生の切り札として注目を集めるファーマーズ・フォレストが見つめる
日本の「地方」の未来とは!?

<スポンサーリンク>


松本譲さんのプロフィールと経歴です!

名前:松本 謙(まつもと ゆずる)

生年月日:1967年

出身地:長野県

学歴:慶応義塾大学法学部

職業:株式会社ファーマーズフォレスト代表取締役

専門分野[ □印は最も得意とする分野 ]

□地域活性化戦略■地域戦略構想書の作成■地域資源の利活用(未利用、観光資源等)■新商品開発の方法■マーケティング戦略■地域ブランド戦略■農村交流拠点・道の駅・地域アンテナショップ等の戦略経営■着地型観光や体験型ニューツーリズムを巻き込んだ地域展開

 

現在50歳になられる松本 謙さん。

名前の読み方が”ゆずる”とお読みするんですね!

 

高校の特定は出来なかったですが、

大学は泣く子も黙る

慶應義塾大学 法学部ですね!!

 

大学を卒業したのち松本謙社長は、

自動車会社に就職。

 

栃木だったのでH社と思ったらN社でしたね。

そう、日産自動車です。

 

1989年に日産自動車に入社

新車の製造管理業務部に携わります。

車の検査問題で揺れに揺れてる日産自動車です。

 

その後、施設運営コンサルティング会社へ転職。

 

六本木ヒルズなどの運営立ち上げに携わります。

 

そして、満を持して

2007年宇都宮市に

株式会社ファーマーズ・フォレストを設立。

ちょうど今年で10周年ということになります。

 

うつのみや ろまんちっく村は、

もともと96年に市制100周年記念事業として、

市の予算を使って設立した農林公園でした。

 

しかし、当初第三セクターに任せていた経営が悪化したことで、

市では指定管理者制度を導入。

公募に応じたのが

ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長の松本謙社長

だったというわけです。

 

そのファーマーズ・フォレストですが、

宇都宮ブランドアンテナショップ

『宮カフェ』農園の運営をされています。

 

栃木県の地域商社として

ゆるぎない実績を積まれてます。

 

2018年には沖縄と栃木の拠点間で農産物の相互交流も

含めてされていくそうです。

6次産業化プランナーとしての実力を遺憾なく発揮ですね!!

松本謙社長の年収はいくらか?

松本謙社長は、コンサルティングもやってらっしゃいます。

いわゆる

企業コンサルと呼ばれているものですね。

 

コンサルティング料金と呼ばれるものは、

数百万か数十万かの世界だと思います。

 

わずか10年足らずで業種展開も非常に

スピィーディなので手腕は確か。

 

不動産も所有されているそうなので、

年収1000万クラスという小さな話では無さそうです。

 

最後に

大谷採石場跡地での地底探検ツアー

着地型観光の核となる

「えにしトラベル」の運営、

産学官や地域と連携した

「大谷イチゴ」の生産も本格化

するようなのでますます栃木から目が

離せないですよね~w

<スポンサーリンク>




;

-TV・ドキュメンタリー