【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

坂元基雄(ジャパンキャビア社長)の経歴は?価格と購入先も調査!

出典:https://www.google.co.jp




 

今日ありがとうございます。

今回ご紹介するのは、こちらの方です。

宮崎キャビア社長の坂元さんになります。

出演されるのは、以下の番組になります。

ガイアの夜明け【日本初の“宝の食材”を生み出す】

2017年3月28日(火)  22時00分~22時54分

日本食ブームなどをきっかけに魚介類の争奪戦が過熱している。
そこで注目されるのが「養殖」
天然に負けない絶品の海産物を生み出そうと動き出した人たちに密着。

【番組内容】
豊富な水産資源に恵まれてきた日本。
ところが近年では中国をはじめとした諸外国でも日本食ブームなどをきっかけに魚介類の需要が急増。
食材の争奪戦が過熱している。
また環境の変化などで天然モノの漁獲は減少傾向にあり、その結果、価格の高騰にもつながっている。

<スポンサーリンク>


ジャパンキャビア(株)社長の坂元基雄のプロフィールです♪

当時建設会社の営業をしながら同時に新規事業室長を受任。

宮崎キャビア事業協同組合参事(当時)

日南市出身。

チョウザメの養殖からキャビア製造までを担う。

2013年『宮崎キャビア1983』のブランドを設立し、PR。

現在 ジャパンキャビア(株)社長

<スポンサーリンク>


宮崎県産のキャビアって?

1983年に、旧ソ連より日ソ漁業間親善の証として

チョウザメが贈られることとなった際、

研究着手に名乗りを上げたのが宮崎県の

水産試験場だったそうです。

そこから完全養殖を実現させるべく研究が

開始された。

 

商品として世に出すまでの間、約30年掛かったそうです。

皆さん、30年ですよ。

やばすぎです・・・・・・。

 

そもそも世界三大珍味といえば、トリュフ・フォアグラ・キャビアの

3つが挙げられますよね?

どれもが高級食材として広く知られています。

中でもチョウザメの卵を原料とするキャビアは、

乱獲と漁獲高激減による価格高騰が、

世界的な話題になっています。

 

30年前によく、「キャビアでいくぞ!!」

となったなと思いますね。

 

34年間前の日ソ間には漁業協力に関する協定があり、

「海水及び淡水における生物の増殖及び養殖の技術

及び方法の改善」が、協定の項目に入っていたそう

です。

しかしソ連側から養殖方法についての

情報提供は全くなく

卵をとって稚魚をつくる研究からスタートせざるを

得なかったようです。

 

ただこの当時に、仮に技術提供があったとしても、それはあくまで海外のやり方であって、

当時の日本では、海外と同じやり方で養殖できる確率はゼロに等しかった?

のではないかとも言われているようです。

結果的にに、日本独自のやり方が正攻法だったようです。

以下の表は略歴になります。

 

宮崎県水産試験場の研究成果

■昭和58年 国内初となる国産キャビアの生産を目指し、研究に着手
■昭和63年 宮崎で育ったチョウザメから初めてキャビアを製造
■平成3年 ベステルの人工ふ化に成功(国に続き2例目)
■平成15年 世界基準のキャビア製造技術のリサーチを開始
※平成15~23年で6カ国をリサーチ
■平成16年 シロチョウザメの完全養殖に成功(国内初)
■平成21年 チョウザメ専用飼料の開発
■平成24年 キャビア熟成技術の開発
日本一のチョウザメ産地(飼育尾数日本一)に
■平成25年11月22日 宮崎キャビア1983の販売をスタート

引用元:http://www.japancaviar.jp

最後に

 

この日本製のキャビアは外国のそれとは違い、防腐

剤を使用してないんだとか。

(輸出が遠方でないため敢えて防腐剤無し仕様)

塩分比率も約3%ほどにして、魚卵のうまさを味わえるようにしているようです。

いわゆる日本のオリジナルキャビア

といえわけですね!

 

対して、キャビアの本場ロシア産のモノでは、5~7%の塩分濃度が主流のようです。

防腐剤も入っているようです。

(これはあくまで輸出対策でいれているようです)

 

国産と外国産のキャビアが味わえる日が来るとは思

いもしなかったですね。

 

宮崎と言えば、

マンゴー、

宮崎牛

そしてキャビア

今後は、キャビアでガッポリですね(笑)

チョウザメは、魚肉も使えるそうなので、

今後はそちらも力をいれていくんだとか。

MIYAZAKI CAVIAR 1983 ソワレ アンサンブル

【内容】
シロチョウザメ 卵径3.4mm以下のフレッシュキャビア
MIYAZAKI CAVIAR 1983Mignon(6g)×2個
カラフルブリニ4枚×2・高千穂バター8g×2個
シェルスプーン×2本・キャビアンクッキー×2箱

価格8,600

購入はこちらから♪

【ジャパンキャビアのCMです♪】

いかがでしたでしょうか?

今夜の「ガイアの夜明け」でもキャビアの深いお話が聞けそうですね!

日本の養殖技術って、本当にすごいです♪

それでは、また

【関連記事】

杉山孔太(アワビ養殖)とバクチャーがすごい!経歴と通販も調査!

<スポンサーリンク>


-TV・ドキュメンタリー