【THE WORLD】

世の中に溢れる情報をその手の中に・・・・・・。

TV・ドキュメンタリー

中道博(フレンチシェフ・ラパンフーヅ社長)の経歴とお店の場所に料金も調査!

出典:https://www.google.co.jp


こんにちは、たけさんです!

7月6日放送のカンブリア宮殿に

フレンチシェフ・中道博さんが出演されます。

番組の内容は以下になります。

カンブリア宮殿【三つ星シェフに客殺到!美食&絶景の北海道新観光名所!】

2017年7月6日(木)  22時00分~22時54分 

「遠くても、わざわざ食べに行きたい!」

「あの場所で、あの料理を味わいたい」

全国の客に、そう思わせて驚きの集客を実現してきた

フレンチシェフ・中道博

客が驚き、感動する料理を武器に、

いくつもの『予約が取れない人気店』を生み出す。

そんな中道が過疎に悩む自治体と手を組み、地域の活性化に挑む。

ミシュランの星を合計6つ持つ、人気フレンチシェフが考えた地域に観光客を呼び込む秘策とは!?

中道さんの経歴や、ミシュラン3つ星を貰ったお店や気になる値段も調べてみました!

<スポンサーリンク>


中道博シェフのざっくりプロフィール

キャプチャ


名前:
中道 博(なかみち ひろし)

出身地:北海道登別市

年齢:1951年生まれ65歳

 

中道博さんは、北海道登別市に生まれ、

北海道室蘭栄高校出身で、

北海道札幌市に位置する

三ツ星フランス料理店「モリエール」のオーナーシェフ

であるとともに、有限会社ラパンフーヅの社長

ざっくりと経歴を紹介です♪

「中道博 フレンチ」の画像検索結果

専門学校を卒業後、

札幌グランドホテルの厨房に入り、

「石の上にも3年」といわれて

それをクリアするとすぐに、

フランスへ渡る段取りを始めたる。

 

そして23歳の時、

飛行機にも乗ったことがなければ、

フランス語もまったく話せない状態で

フランスへ渡る。

もはや狂気の沙汰ですw

ですが、

成功している人ってなんか

みんな同じ事してませんか??

 

到着から2日間は、

何も食べずにホテルの部屋に

こもっていたそうですw

 

 

3日目に、フランス北西部の

ノルマンディー地方にある

レストランで働きはじめたん

だそうです。

 

そこである事に気づきます。

 

働くうちに、レストランにも違いが

あることに気づき、

目標は「ミシュランの1つ星で働くこと」

になったそうです。

 

 

フランスに渡ってから1年後、

目標は達成されます。

1つ星レストランではなく、

ランクの高い3つ星レストランで

かないます。

1982年には、クラーゲンフルト(オーストリア)で

世界料理コンクールに日本代表として参加し、

金賞、特別賞を受賞されています。

<スポンサーリンク>



 

日本に戻ってから本格的に

動きます。

 

1984年には、札幌グランドホテルを退社し、

フランス料理店「モリエール」をオープンするとともに、

有限会社ラパンフーヅを設立しています。

 

中道博さんは、

2008年の北海道洞爺湖サミットの際には、

フランス料理を振る舞い、

2011年10月には、農林水産省から「料理マスターズ」に認定され、

「ミシュラン北海道2012年特別版」では、

「モリエール」の夢だった三ツ星を獲得しています。

 

【モリエール】のメニューを一部紹介です♪

 

フランス料理って実は、

食べたことないんですねww

 

北海道に行ったときに

是非ともいってみたいお店です。

【モリエール】要チェックですね♪

それではまた!

<スポンサーリンク>




-TV・ドキュメンタリー